次のタグが付いた記事:栃木県

【栃木県】ベジファームさん掲載しました

みなさま、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

新潟県魚沼地方にも、春がやってきましたよー。
雑草と呼ばれる草花たちの開花もうれしく、
力強く咲いている姿にはほれぼれします。
みなさまのところは、いかがですか?

 

 

さて、マーマーな農家サイトにあらたに掲載された
農家さんをご紹介します。

 

======================

 

栃木県壬生町の「ベジファーム」さんです。

 

30年近く前に、県外出身の中屋夫妻が、
栃木県の県央南部に位置する壬生町に移住し、
有機農業をはじめました。
2002年、農業を志す蔵岡姉妹が加わり、
2008年には株式会社ベジファームを設立。

 

会員向け「やさい宅配」のほか、
宅配会員以外も購入できる加工品や野菜セットを販売する
「ファーム直送便」で、オーガニック野菜を届けています。

 

ベジファームの野菜宅配の例

 

・畑と台所をもっと近い関係に

・里山を育て、使い、守る

・有機農業を伝える

 

この3つをポリシーとして営むベジファームさん、
畑の様子や活動が伝わるFacebookページもぜひご覧ください!
https://www.facebook.com/vegefarm.organic

 

======================

 

畑と台所が近い関係は、よりたのしく、おいしい食卓をつくります。
家族や友人、近所のつながりのような農家さんと出合えたら、
ワクワクしますね☆

 

 

マーマーな農家サイトでは、農家さん情報、お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております!
http://murmur-farm.com/post.html

 

 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

 

LINEで送る

【栃木県】山崎観光農園さん・すいとんまつりレポート/映画「ハトを、飛ばす」上映会のおしらせ

寒暖の差が激しい2月も、もう半ば過ぎ。

 

東京も梅が見頃を迎えはじめています。
思わず近寄って、鼻をくんくん。
あの香しい匂い、好きだなあ〜

 

kobayashi

 

 

みなさま、こんにちは!

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの
小林加代です。

 

 

 

先週、益子の山崎観光農園さん
マーマーガールと、おじゃましてきました。

 

益子「西明寺風土(foods)千年」物語というイベントで

すいとんが食べれるよ!

そのひとことに吸い寄せられるように…

 

 

********

「西明寺風土(foods)千年」物語とは…

 

益子の西明寺地区は、山を背負って田畑を耕す農家が多く残っている地域で
四季折々の風景と美味しい農産物、また奈良時代に建立された「西明寺」があります。
この物語では西明寺地区ならではの農業体験と里山の恵みを味わい、
古くから文化財とともにくらしてきた人々と語り合うことができます。
さつまいも掘り・調理体験、自然観察、すいとんまつりの3回シリーズ。

********

 

 

会場は、益子駅からほど近い
西明寺公民館。

 

わたしたちがついたころには
120名ほどの方がお集まりで、お話し会がはじまっていました。

 

地元のおじちゃんおばちゃん
お若いご夫婦やチビっこも多くて
すごい熱気!

 

年々参加者が増えているのだそうです。

 

 

西明寺ご住職、益子市長、元セコム社長の木村昌平さんのお話など
興味深い内容ばかり。

 

中でもイノシシ被害は、話しに聞いていましたが…

 

森に設置したセンサーカメラに映る、そのようすを見てびっくり。

 

もう、ぞくぞくと…

 

次から次へ

 

暗闇からやってきては光る、、、

 

イノシシの目、目、目!
ものすごい数!!!

 

集落では、イノシシの出没場所や被害状況の調査を行い
それをまとめてイノシシマップをつくり
そのポイントに、侵入を防ぐ柵を設置しました。

 

被害から地域を守るために、地元の方が主体となって自ら立ち向かい
意欲的に活動されているようすがよくわかりました。

 

 

この美しい里山の風景も
ここにいる方々が守ってくださってるんだと思うと
自然に頭が下がるのでした。

 

 

IMG_4975

 

 

 

お話会のあとは
お待ちかね、ごはんタイム!!

 

外では大きな釜で
けんちん汁が、ぐつぐついっています。

 

IMG_4963

 

 

自治会の方たちの動きが、見惚れるほどスムーズで
あっという間にセッティングができてしまったのには感動!

 

IMG_4960

 

IMG_4961

 

IMG_4967

 

わたしたちも地元の方と一緒に、お手伝いをさせてもらって
そういうおもてなしが、なによりもうれしかったです。

 

 

IMG_4968

 

すいとんって
こんなにふっくらしていたかしら?!
というくらい
もっちりやわらか!

 

「益子館里山リゾートホテル」の料理長が、腕によりをかけて作ってくださいました。

 

おうどんも具だくさん!!

 

 

 

IMG_4969

おとなもこどもも、おいしい笑顔!

 

IMG_4970

お赤飯のおむすび!

 

IMG_4973

なますは甘めの味付けが新鮮!

 

IMG_4971

そしてこちらが、うわさに聞いていた栃木県の郷土料理、しもつかれ!

 

 

鮭の頭・煎った大豆・鬼おろしでおろした大根・人参などを酒粕とともに煮込んだもの。
初午の日、稲荷神社にお供えする行事食なんだそう。

 

こ・れ・が…
絶品……!!!!!!

 

日本酒とあいそう…。

 

「これは上等な旨いしもつかれだ」
とご参加の方もおっしゃっていました。

 

山崎家のしもつかれ、つくりかた教わりたいです!

 

各家庭のお味があるのでしょうね。
7軒の家のしもつかれを食べると、病気にならないといわれ
ご近所さんと分け合って食べることが多いのだとか。

 

学校の給食でも出てくるそうですよ〜!

 

みんなでごはんを食べ、語り合いながら
自治会の活動報告をきいたり
ビンゴ大会で盛り上がったり
なごやかに会は進みました。

 

 

IMG_4972

山崎観光農園農主の光男さん。

 

IMG_4977

息子さんの喜生さん。

 

 

 

 

この後は…
すぐ近くの温泉へ。
すいとんまつりに参加の人は無料という、うれしい特典!

 

連れて行っていただいた先は
先ほどの料理長のホテルでした。

 

とってもすてきな温泉宿で、お風呂も広くてきれい。
日の高いうちから、お湯につかってぬくまって…
なんてなんてしあわせなんでしょう。

 

外へ出ると…
もう春本番かと思うようなお天気で、気温上昇!

 

あ、暑い!

 

 

そのほかにもご案内していただいた
東日本最大の登り釜「太平窯」。
実際にみると、その大きさに圧巻!

 

岩下製陶さんでは陶芸体験もされていて
少人数で親切丁寧に教えてくれると、人気だそうですよ。

 

IMG_4980

 

 

 

お茶をいただいたカフェは
「作坊 吃(ゾーファンチィ)」さん。
通称チイカフェ。

 

森の中にひょっこり顔を出した
秘密の基地のような佇まいに一目惚れ。

 

IMG_5070

 

木の内装や、愛情がかけられてそこにいるであろう古いものたちが
心地よい空間をつくっていて
とてもとても落ち着きます。

 

 

IMG_5069

 

IMG_4982

史絵さんがつくるグリーンカレーは、スパイスが効いていて
やみつきになるおいしさ!
お野菜も力強い。

 

IMG_4981

マーカラカオもやさしいお味で、すご〜くしっとり!

 

IMG_5072

こちらもお野菜やハーブがたっぷり。人気のチィプレート。

 

 

 

*******

 

 

山崎観光農園のみなさんをはじめ
益子に暮らす人々の
ふところの深さと
おおらかさ。

 

見渡す限りの
ゆたかな里山に抱かれた原風景。

 

その息吹を、全身で感じることができた1日でした。

 

すいとんだけではなく!
こころからもほかほかと湯気が出て
なんともいえない、あたたかな気持ちになりました。

 

 

街は、ちょうど「雛めぐり」がはじまったところです。

 

GWには陶芸市もありますね!

 

春の益子へ。

どうぞどうぞ、訪れてみてくださいね〜!

 

 

 

 

そして、そして!

 

お知らせ続きます!

 

 

 

山崎観光農園、農主・光男さんのドキュメンタリー映画が

 

クランクアップされました〜〜〜〜!!

 

映画「ハトを、飛ばす」

 

 

震災以降の東北が
益子がどうなっていくのか
益子在住の建築家・小説家・映画監督である町田泰彦さんが
ゆっくり見守りながら撮り続けた、4年間の記録です。

 

サウンドアート・ユニットstilllifeと映像のコラボレーションでお送りする
静かな目と耳のまなざしによる「ドキュメント」をテーマに
三回シリーズの第一夜となります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◯第一夜
stilllife+町田泰彦『ハトを、飛ばす』

 

日時:2016年2月20日(土)オープン19:00/スタート19:30

 

料金:各回3000円 (3回通し券:6000円)

 

予約受付・会場に関してのお問い合わせ:garage@giftlab.jp

 

会場:gift_lab GARAGE
〒135-0021 東京都江東区白河1-3-13 清洲寮102

 

主催:stilllife + gift_lab

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

明日の夜の上映です!!!

 

間際の告知となってしまい、ごめんなさい!!

 

ピン!ときた方は、ぜひ問い合わせてみてくださいね。

 

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした。

LINEで送る

山崎観光農園さん(栃木県)・稲刈りイベント9月26日(土)

金木犀がわたしの鼻をくすぐりだしました。

 

こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

kobayashi
 

 

金木犀大好きです。
庭があったら植えたい木のリストにも入っています。(笑)
空気中の何パーセントくらい含んでいるんだろうって思うほど
甘い香りが街中にあふれています。

 

 

 

さて!
いよいよ収穫の秋ですね〜〜!

 

春にどろんこになりながら田植えをした
益子の山崎観光農園さんで稲刈りが行われます。
(田植えブログはこちら

 

わたしの楽しみは…お釜で炊いた
ほっかほかごはん!(う〜んやっぱり食いしん坊)

 

稲刈りも初体験なのでドキドキわくわくです。

 

益子では「土祭(ひじさい)」もはじまっています。 
町全体が会場で、毎日たくさんの催しものが展開されています。

 

26日のスケジュールはここで確認できます。

 

 

そして、26・27日はマーマーマガジンでおなじみの
ささたくやさんのTABI食堂がヒジノワさんにて開かれるとのこと。
山崎さんちのお野菜がどんなお料理に変身するか
興味津々です!!
こちらも時間があったらのぞいてみたいと思っています。

 

 

わたしは東京から電車で行きます。
おひとり参加の方、そうでない方も
もしよろしかったらご一緒しましょう〜。
申し込みメールにひとことお書きくださいね!
おってご連絡いたします。

 

ちなみに!
このようなフリー切符もあるようですよ。

 

 

◯日時:2015年9月26日(土)
    10〜14時

 

◯場所:山崎農園イベントスペース  (栃木県芳賀郡益子町益子461)
    益子駅から歩いて20分程です

 

◯集合時間:10時  終了時間:14時

 

◯定員:10名(定員になりしだい〆切とさせていただきます)

 

◯スケジュール:午前中稲刈り、ランチ、その後…天気が良ければ西明寺散策コースをまわりましょう!

 

◯服装や持ち物:動きやすい服装・帽子・長靴・汗をかいたときの着替えのシャツ・タオル・飲み物・軍手(あれば)

 

◯参加費:大人2000円 お子さん1人につき500円

 

◯ランチメニュー:羽釜だきの新米、オイルフォンデュ
         畑で子どもたちに摘んでもらった葉物の味噌汁、漬け物など

 

◯問い合わせ:山崎農園 山崎喜生さんまで 090-4664-6804

 

◯申込締切:9月24日(木)21時

 

◯申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

件名:9月26日稲刈り参加希望  お名前(フルネームでお願いいたします)
本文:
1、お名前 
2、ふりがな 
3、電話番号 
4、メールアドレス 
5、生年月日 
6、郵便番号 
7、ご住所 
8、交通手段/東京から電車でご同行希望 有・無
9、ささくんのTABI食堂へ行こうとお考えの方 行きたい・行かない
(こちら予約制ではありません。参考のためお伺いしています)

 

 

 

 

気持ちのよいこの季節。
五感をめいいっぱい使って
益子の風土を体感しに行きましょう!

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした♪

LINEで送る

イベント盛りだくさんの秋! 山形県・芋祭/栃木県・土祭

長雨が続く東京。

 

あれ? 残暑はどこへ…?

 

 

みなさま こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

kobayashi

 

夏の疲れが出やすいこのころ。
みなさま体調いかがですか。

 

わたしは、靴下増量+塩浴半身浴強化中+小食(こ・こ・ろ・も・ち)です。
ここ数日は夜のお布団に湯たんぽも入れました。
からだを入れたとたん
「ほわ〜〜〜」っと解放。
下半身があたたかいと、ほんとうにホッとします。

 
_____________________________

 

 

は!!(ガバッと)

 

気がつけば
もう9月なんですね!

 

うわ〜!
ほんとうに早いです。

 

 

秋といえば…

 

そう!!(ふたたび、ガバッと)

 

収穫の秋です!!!

 

 

稲刈り、芋掘り、ぶどう狩り、フレッシュなものたくさんのマルシェ…
さまざまな農作物が旬を迎える実りの秋です。
それにあわせて、全国津々浦々でいろいろなイベントが開催されます。

 

農家サイトでもこれからどしどしご紹介していきますので
ピン!ときた催しがありましたら
ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

そしてそして、
ぜひともレポートをお寄せください。

 

こんなイベントに行ったよー(もしくはありますよ!)
こんな出会いがありました
地元の農家さんとお話しました
などなど…

 

どんなことでもけっこうです。
お気軽に、メールくださいね。

 

お待ちしております!

 

 

本日は2つのイベントのご紹介です。

 

 

芋祭
10月3日(日)9〜15時
山形県真室川町 まざれや

 

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)の季節がやってきました!
ねっとりとやわらかい、甘くてクリーミーな甚五右ヱ門芋。

 

芋祭では、このお芋ときのこがたっぶり入った田舎芋煮
新米のさわのはなのおにぎり
室川町の郷土料理
みえこさんの天然鮎の塩焼き
が振るまわれるそうです!

 

 

ほかにも最上伝承野菜などの新鮮野菜や
山葡萄の漆の器などの手仕事の品々がならぶマーケット。
くるみの皮を使ったつる細工のコースターづくり、
森の家さんの畑では芋掘りワークショップもあるそうですよ!

 

 

 

土祭(ヒジサイ)2015 Living with the Earth
9月13日(日)新月〜28日(月)満月
栃木県益子町内各所

 

益子の町が土祭一色になります。

 

益子町は、古くから農業を営んできた土の町。
土祭とは…
益子の風土や先人の知恵に感謝し
この町で暮らす、しあわせと意味を共有して
未来につないでいくお祭りなんです。

 

「ヒジ」とは、古代における土・泥の呼び方。

 

土着の文化という原点を見つめ直し、
あらたな益子をつくりだすことを目的にしています。

 

キーワードは「繋ぐこと、識ること、澄ますこと、照らすこと、結ぶこと」

 

この5つのフレーズにそって、さまざまなプログラムが展開されます。
アートの展示、市場、ワークショップ、トークショー、映画上映と内容は多彩です。

 

とても1日では回りきれないかも!

 

 

くわしくはプログラムでチェックしてみてくださいね。

 

なお、こちらの「土祭」にあわせて
山崎観光農園さんの稲刈りもあります。

 

26日(土)の予定です!
なんと26、27日はヒジノワさんで、山崎さんのお野菜を使った
ささたくやさんの出張TABI食堂も開催されるとか!

 

東京から一緒に行く稲刈りツアーも考えています。
こちら、近日中にお知らせいたしますね!

 

 

 

稲穂が美しく輝く時。
わたしも早く田んぼへ行ってみたいです!

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした!

LINEで送る

【田植えレポート】栃木県・山崎観光農園さん行ってきました!

田植いえ〜い! 

 

みなさま こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

kobayashi
 

 

行ってまいりました!
益子の山崎観光農園さん。(下の方へスクロールしてください)

 

今回はその時のようすをレポートしたいと思います。
どうぞくつろぎながら
読んでいただけましたらうれしいです♪

 

 

✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽ ✽

 

 

日曜日のうららかな天気の中
ローカル電車に揺られて、がたんごとん。

 

電車

 

益子駅に降り立ち、ふと見上げると……
燕の巣がたくさん!

 

お母さん燕が子燕たちにご飯をあげています。
お父さん燕は……壁にとまって待機!
こんな景色はじめてみました。

 

きっと居心地よい環境なんだろうなあ〜。

 

つばめ

 

駅からてくてく歩いていくと
景色はいつの間にか畑一色。

 

「こんにちは〜〜!」

 

山崎観光農園さんの農主・光男さんと、
息子さんの喜生(よしお)さんにごあいさつ。

 

すでに子どもたちがたくさんで、にぎやか〜!
栃木県宇都宮市にある、学童保育カエルクラブの子どもたちと
お父さんお母さん、7家族・25名が集まりました。

 

ようす

 

土壁

 

土壁up

 

入ったとたん目をひくのは小屋の土壁。
地域の大工さん作家さん、ご友人や子どもたちとで
泥だんごを壁に投げつけるという手法で、手づくりしたのだそうです。
あたたかみがあって、とてもすてき!
何十年ももつんだそうですよ〜。

 

 

まずは、ゆるゆるとお昼ごはんの準備です。
今日は新鮮野菜のオイルフォンデュ。

 

おとなも子どももみんな一緒になって
お野菜をカットし、串にさしていきます。
下級生も手慣れたようすで包丁を使っていて
お・ど・ろ・き!

 

準備

 

だいたい準備が整ったところで
いざ! 田んぼへゴーーーー!

 

躊躇なく田んぼの中へズボボボっと入っていくのは
やっぱり子どもたちです。

 

「うきゃあ〜〜〜!」
「カエルがいる〜〜!」

 

 

光男さんが目印をつけてくれて
みんなで横一列になって印に棒をあて、植えていきます。

 

田植え

 

けっこうみんなうまいのです!
はじめての子、4回目の子(イベントが4年目です)、それぞれですが
喜生さんのアドバイスや
おとなたちの意見を聞いていないようでいて聞いていて!
さっと実行したりして学習してるんです。

 

「疲れたあ〜〜!」
「休憩する〜〜!」
など叫びながらも

 

「もうちょっと〜!」
「がんばって〜!」
お父さんお母さんの声に応えます。
みんな、なかなかの集中力です。

 

日差しは強いけれど、風が爽やかに吹いてとっても気持ちい〜〜!

 

おおよそ1時間半くらいで植えつけ終了。

 

ゆるやかに……曲がっているけれど
みんなでがんばった愛おしい田んぼ!

 

田植え後

 

さあ!!
お待ちかねのランチタイム!!

 

の前に……

 

「畑行くひと〜!?」
「は〜〜〜〜い!!」

 

荷台

 

子どもに混じって、わたしもちゃっかりトラックの荷台へ。
すぐ裏の畑なんですが
この荷台、めちゃくちゃたのしかったです。
童心に返るってこういうことかな!

 

玉ねぎと二十日大根のおいしそうなところを収穫します。

 

自分で収穫して調理して食べる。
こんなシンプルなことですが
これこそが食育!!!

 

畑

 

さあさあさあ!

 

みんな揃って「いただきま〜〜〜す!!」

 

いただきます

 

ピッカピカごはんは、山崎さんちのコシヒカリ。
土鍋で炊いたご飯は甘くて、いちばんのごちそう!!

 

ズッキーニ、茄子、じゃがいも、ほかにもタコの頭やウインナー
揚げただけなのに、なんておいしいんでしょう!!

 

「これをつけるともっとおいしいよ」
と出してくれた魔法の調味料。

 

「!!!!!!」
「なんですかっ! これっ!」
「やばいです、やばすぎます!!!」

 

おいしすぎて箸がぜんぜんとまりません。
山崎家秘伝のレモン塩・しょうゆ麹。

 

ぜひ商品化してほしいです!!!

 

やさい

 

人参や二十日大根は
そのまんまポリポリっといただきます。

 

まわりを見ても、おいしいね〜とみんな笑顔満開。

 

ジャンベ2

 

おもむろにジャンベのセッションがはじまりました。
西アフリカの伝統的な打楽器。
喜生さん(右側)とミラクルさん(左側)はジャンベ仲間で
定期的にライブもされているそうですよ。

 

子どもたちも混じってまさに一期一会なライブ!

 

 

そして、いつまでも食べているわたしをよそに……
第二ラウンド開始!

 

もうひとつの田んぼでビーチフラッグです。

 

みごとに、上から下まで泥だらけ〜〜〜〜〜!!!

 

学童保育のリーダー・まさっちさんもおもいっきりです。
この本気さってすごいと思いました。
遊ぶときは、おとなも子どももないんだ。
まさっちさんもおっしゃっていました。
「ここに来たら、だれもかれも男の子と女の子でしかないんだよ」

 

ビーチフラック

 

午後4時終了!!!

 

 

 

イベント後、みなさんをお見送りしてから
喜生さんが毎日お野菜を卸している
スターネットさんへ案内していただきました。

 

秘密にしておきたいほどのすてきな空間!
時間が経つのを忘れてしまいました。

 

 

駅に着くころは、きれいな夕焼けが……

 

夕焼け

 

 

✽ ✽ ✽

 

喜生さんはじめ、みなさんとっても気さくな方たちで
会場はあたたかい雰囲気に包まれていました。

 

ハートに響く音楽と、オージャスたっぷりのおいしいごはん。
ゆかいな仲間と、ここちよい風。

 

豊かな生活って
こういうことなんじゃないかなって思いました。

 

自然のパワー、子どもたちのパワー、愛のパワーってすごい!
なんだか最近、もやもやっとしていた心が洗われたよう。
元気の源をチャージさせてもらった1日となりました。

 

 

 

今日いちばんのフォトジェニック☆

 

どろんこ

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした!

LINEで送る