次のタグが付いた記事:新潟県

【レポート】新潟県 ちんころ市に津南町の農家「はらんなか」さんを訪ねました

みなさま、
寒中お見舞い申しあげます。
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

ほとんど雪の無いお正月を迎えた新潟県魚沼地方でしたが、
先日の大寒波で、例年通りの冬景色となりました。

 

寒波のときの新潟県十日町市
 

これで、今回の寒波2日目くらいの様子です。

自然はすごい!

 

 

さて、毎年1月に、新潟県十日町市で開催される「節季市」、
別名「ちんころ市」は冬の風物詩として知られています。
多くの人々が名物の「ちんころ」や並ぶ露店を楽しみに集まります。

 

「ちんころ」は米粉で子犬や干支などをかたどった縁起物で、
その愛らしさが人気です。

 

新潟県十日町市の節季市で売られる縁起物「ちんころ」

 

まだ雪の少なかった1月10日に開催された節季市に、
やきいも屋として出店されているマーマーな農家「はらんなか」さんを訪ねました。

 

節季市で自分で育てて焼いたやきいもを売る、津南町の農家はらんなかさん

 

自らが育てたさつまいもを自ら焼いて販売している「はらんなか」さんのやきいも、
独特のしっとりした甘さにファンが多いです。
わたしは、小さめをチョイス!

 

新潟県津南町の農家 はらんなかさんの焼きいも

 

 

やきいものほか、2015年の暮れからはじめたお豆腐なども販売しています。
名水として名高い津南町「竜ヶ窪」の水を使い、
「はらんなか」さんが育てた大豆「さといらず」と地元産の「えんれい」
津南産大豆100%にこだわった、一丁一丁手づくりのお豆腐です。

 

はらんなかさんの豆腐、はつめ舎のぬかぽん

 

豆腐づくりは大変らしいですが、
豆乳を使ったパンづくりを研究中と笑ってらっしゃいました。

 

その木綿豆腐を買って帰り、まずは奴で食べましたら、甘い!
“砂糖要らず”が語源とされる「さといらず」を使っているからなのか、
名水仕込みだからなのか、手づくりだからなのか、、、。

 

これだけ味が濃いお豆腐ですから、おからもおいしいことでしょう。
料理好きのレポーターを求めます!

 

 

さらに、マーマーガール・マーマーボーイにもおすすめな
くり返し使えるホットバッグ「ぬかぽん」も販売していました。
新潟県産コシヒカリの玄米と煎りぬか、静岡県産の平釜塩を使って
十日町市内の工房「はつめ舎」でつくられています。
わたしは、6〜7年、買い替えて愛用しています。

 

 

新潟県十日町市の節季市は、
毎年1月10日、15日、20日、25日の4回開催です。

 

 

「はらんなか」さんのお豆腐や雪下にんじんジュースなどは、
直売所などでも販売されています。
十日町市、津南町へいらっしゃることがあったら、ぜひ手にとってみてください。

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

マーマーな農家サイトでは
農家さん情報、お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております

 
 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

 

LINEで送る

【レポート】新潟県長岡市「オー!グリーンマーケット」へ行ってきました!

みなさま、暑中お見舞い申し上げます〜
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

日曜日、新潟県長岡市小国町で開催された、
「野菜と和紙と手づくり品」をテーマとしたイベント
「オー!グリーンマーケット」へ行ってまいりました!

 

人やものとの出合いと、
会場にあふれる主催者、スタッフの
“楽しんでもらおう”というおもてなしの心にふれ、
ワクワクの時間を過ごしてきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新潟県長岡市「オー!グリーンマーケット」会場

 

長岡市小国町は、新潟県の中南部に位置し、
周囲を山に囲まれたおいしい米どころで、
小国和紙の里として有名です。

 

会場は、林の中のキャンプ場。
農産物、飲食、手づくりの品などを扱う30近いお店が点在し、
紙漉きや型染めなどのワークショップを開催しているお店もあります。

 

会場を彩るディスプレイには、小国和紙が使われていました。
このフラッグ、布だと思っていたのですが、じつは和紙だったのです。

 

新潟県長岡市「オー!グリーンマーケット」の和紙ディスプレイ

 

昨年は「オーガニックマーケット」というネーミングで開催していたこのイベント。
今回「オーガニック」をはずした理由を主催者の中條 薫さんにうかがうと、
買う人が選べばいいから」。
「今は選べる時代ですよ」と、にっこり。

 

「オーガニックかどうかより、もっと大事なこと、
“食”について考えるきっかけになったらいいなと思っている」
とのこと。

 

有機や自然農法の農家もいるし、化学肥料を使っている農家もいる。
でも、自信と責任を持ってつくっているのはみな同じです。
農家や販売者と話して、選んで買えばいいのですよね。

中條さんの言葉に共感しました!

 

その中條さんは、30代。
農事組合法人よこさわで農業に従事している農家さんです。
家族と仲間を巻き込みながら、
ご自身もイベントを楽しんでいらっしゃる様子でした(笑)
巻き込まれた奥さまによる開催準備のお話はFacebookページでどうぞ!

 

新潟県長岡市「オー!グリーンマーケット」協賛社のフラッグ

 

 

会場では、無農薬の農産物を探している方もいれば、
はじめて見聞きする品種の野菜や加工品に興味をもって、生産者と話し込む方も。

 

オーガニック野菜を販売する出店農家

 

生鮮野菜・加工品を販売する出店農家

 

 

飲食コーナーに出店するには、
小国町産の野菜やお米を使うことが条件となっていました。
農産物を買わなくても、小国町の味を楽しむことができるのですっ!

 

わたしが選んだのは、
小国町産の「かぐらなんばん」と「八石なす」を使ったグリーンカレーと、
厚揚げ入りほうれん草カレーのハーフ&ハーフ。
ご飯は小国町産のコシヒカリです。

 

長岡市小国町の野菜・コシヒカリを使ったカレー

 

そして、帰りがけに出合った、小国町産コシヒカリのおむすび!
なんと、主催者 中條さんのところのお米とのこと。

 

小国町産のコシヒカリを使った、もみがら炊き白米おむすびと酵素玄米おむすび

 

わたしにとって初の「酵素玄米おむすび」♪
もちろん、白米おむすびも買いましたよ。
カレーを食べて満腹でしたので、こちらはお持ち帰りにしました。

 

おむすびを食べたのは翌朝。
わが家のお米が一番と思っているわたしですが、
中條さんのお米も、ムムム!と思うくらい、おいしい…!!!

 

 

長岡市おぐに森林公園にて開催の「オー!グリーンマーケット」。
次回は、8月23日(日)夕方からのスタート予定です。
そして、10月25日(日)の開催も決まっています。
くわしくは、「オー!グリーンマーケット」ブログFacebookページをご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

マーマーな農家サイトでは、農家さん情報のほか、
体験・お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております

 

 

マーマーな農家サイト

池田弘美でした。

LINEで送る

【レポート】グリューンバルト農園さんに行ってきました!

みなさま、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

6月はじめにマーマーな農家サイトに掲載となった、
新潟県南魚沼市の農園民宿「グリューンバルト農園」さん。
十日町市の山奥にある我が家から、車で約1時間の距離にあります。
ちょこっとお邪魔し、農園主の立川健一さんに畑を見せていただきました〜!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ちょうど、午前中に田植えをした方々とのお茶の時間でした。
みなさん、とってもいい笑顔!
すでに秋の新米のことで会話が弾んでいましたよ。

 

東京農業大学で、長く果樹や畜産の仕事をしていた立川さんですが、
「一番好きなのはコメづくり」とのこと。
「白米が大好き」という立川さんが育てるお米は、どんな味でしょうねぇ。

 

 

宿舎の裏にある畑に、案内していただきました。
なでるように表面の土をよけると、少し湿った土が出てきます。
触ってみると…、サラサラでフッカフカ~!
 
新潟県南魚沼市の農園民宿「グリューンバルト農園」のフカフカな土
 
ここちよい風に包まれながら、畑から宿舎の方を振り返ると、
遠くに八海山が見えます。
 
新潟県南魚沼市の農園民宿「グリューンバルト農園」畑からの眺め
 
畑には、大きくなったゴボウが!
種が落ちてそこで成長する…、自然にまかせるがままに育ったそうです。
 
新潟県南魚沼市の農園民宿「グリューンバルト農園」にある、自然に大きくなったゴボウ
 
ゴボウと一緒に写っているのが、立川さん。
「農業体験にきた、都会の子どもたちが夢中になって掘っていったんだよ〜」
足元には、子どもたちが掘り起こした大きな穴がありました。

 

「子どもたちは、興味をもったことに集中するんだよね~。
草刈りに夢中になる子もいるし」
大らかに、たのしそうに話してくださいました。
大人も同じかも…。
先ほど出会った田植えあとのみなさんの笑顔を思い出し、そう感じました。

 

子どもたちをはじめ、東京農業大学の学生さんたち、そして農園を借りている方たち、
たくさんの方々が、グリューンバルト農園を訪ねています。
特に田植え・稲刈りの時期は、
毎週末、農業体験のお客さんがいらっしゃるとのことです。

 

 

ちょっと体験してみたい、
ちゃんと農業を学びたい、
いずれにも対応してくださるそうですよ。
興味がある方は、お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マーマーな農家サイトでは、農家さん情報、体験・お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております!
http://murmur-farm.com/post.html

 

 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

LINEで送る

【新潟県】グリューンバルト農園さん掲載しました

みなさま、こんにちは〜。
土鍋での玄米炊飯にハマっている、
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

実は、わたし。
以前は「玄米はちょっと…」と思っていたのです。
それが、土鍋で炊きはじめたら(スーパーで1000円未満で売っている土鍋です)、
とてもたのしいし、何よりおいしいのです。
おともは山菜、今年は野草の魅力にも目覚めました。

 

 

さて、今回ご紹介するマーマーな農家サイトにあらたに掲載された
「学びの場」は、新潟県南魚沼市にあります。
わたしが住む十日町市のおとなりです。うれしい!

 

 

南魚沼市六日町の「グリューンバルト農園」さんは、
東京農大の職員として果樹や畜産の仕事をしていた立川健一さんが、
ご家族で経営している農園民宿です。

 

南魚沼市六日町の「グリューンバルト農園」収穫作業の様子、ハサ木前

 

写真は、稲刈り・ハサ掛け作業のひとコマ。
まんなかに写っているのが、立川さんです。

 

無農薬・自然農法での米づくり・野菜づくりから
鶏の飼育、農産品の加工にいたるまで、
さらに希望に応じて、鎌の研ぎ方・草の刈り方から、
土のつくり方・肥料のつくり方まで指導してくれます。

 

「魚沼産コシヒカリ」産地として知られる、南魚沼市。
農園は、関越自動車道六日町インターから5分と便利な場所にあり、
田んぼからは、八海山が望めます。

 

南魚沼市六日町の「グリューンバルト農園」の田んぼから見える八海山

 

自然農法でつくったお米と野菜の宅配もされています。
詳しくは、「グリューンバルト農園」さん紹介ページでご確認ください。

 

「米どころ・新潟県南魚沼市のコシヒカリは甘くてもちもち」とは、
推薦してくださった東京在住のたっちーさんの談。

 

 

マーマーな農家サイトでは、農家さん情報、体験・お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております!
くわしくは、こちらのページをご覧ください。

 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

LINEで送る

【新潟県】 はらんなかさん掲載しました

みなさま、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

桜前線が北上中、日本列島に本格的な春がきましたね〜。
花より団子のわたしは、春の旬の食べものがたのしみです。

 

今回、マーマーな農家サイトに掲載となった農家さんは、
今まさに春野菜の収穫の真っ最中。
「雪下にんじん」は雪深い新潟県妻有地方(津南町・十日町市)で
春を感じる野菜のひとつです。

 

 

新潟県津南町の「はらんなか」さん。
東京生まれ千葉育ちの宮崎 朗(あきら)さんが、
1996年にIターンして就農、現在はご家族で農業を営んでいます。

 

新潟県津南町の農家「はらんなか」の家族

 

 

3m以上積もる雪の下で冬を越し、あまーくなった「雪下にんじん」。
にんじん独特のにおいが少なく、甘みの強いのが特長です。
「はらんなか」さんでは、
この「雪下にんじん」をはじめ、野菜のお取り寄せが可能です。

 

さらに、無農薬の「雪下にんじん」を使った
オリジナルの「雪下にんじんジュース」も販売しています。
食物繊維たっぷりで、まさに“にんじんをまるごと飲む”感覚。

 

新潟県津南町の農家「はらんなか」オリジナルの雪下にんじんジュース

 

そのこだわりの味は、雑誌にも取り上げられ話題となりました。
「はらんなか」のユニークなロゴマークは、ご友人のデザインとのこと。

 

この春収穫のにんじんで仕込むジュースは、
ゴールデンウィーク明けに発売予定で、
通販のほか、地域の直売所でも販売するそうです。

 

夏に開催されるアートイベント「大地の芸術祭」に行かれる機会があれば、
このロゴを探してみてくださいね。

 

 

マーマーな農家サイト「さがしたい」
くわしい情報をご覧ください。

 

 

マーマーな農家サイトでは、みなさまからの農家さん情報を
お待ちしております!

 

 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

LINEで送る