【千葉県50noen】耕さない田んぼ in 南房総 2017年クラス 募集スタート!!

みなさま、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの
なかむらです。

 

nakamura

 

いつの間にやら、すっかり空気が冷たいですね~~

 

足元を彩る、落ち葉の美しいこと!

 
 

img_20161102_100254

 

毎日散歩をするのがたのしいです◎

 
 

さて、mmbsでは「わたしの手帖 2017」「日めくりッ コンシャスプランカレンダー2017」が発売されましたネ!

 

来年の予定をすでに書き入れている方もいらっしゃると思います。
何かあたらしいことをしてみたいな? と思った方もいらっしゃるのでは?

 
 

農につながる第一歩として毎日食べるお米について勉強してみるのはいかがでしょうか?
千葉の50noenさんから、来年のスクールについてのおしらせが届きました。

 
 
 

*********************

 
 

「耕さない田んぼin南房総」2017年の新メンバー募集開始いたします

 

11846694_409209079270964_7534587340935216876_n

 

「耕さない田んぼ」は、足し算・引き算。お米づくりの基本を学んだうえで、
選択と実践を積み重ねていくとてもシンプルな栽培法です。
お米づくりが初めての方も安心してご参加ください。

 
 

2017年1月からスタート~10月に育てたお米をみんなでいただきます

 

◆日程
2017年1月~10月迄/全6回 (1/28土・3/18土・5/18土・7/8土・9/9土・10/14土)

 

◆時間
10:00~16:00予定

 

◆年会費
60,000円(ご家族・パートナー同伴可)

 

◆場所
南房総市井野地区の田んぼ

 

◆アクセス
・便利な高速バスで
房総なのはな号:東京駅八重洲南口~ハイウェイオアシス富楽里まで約80分
新宿なのはな号:バスタ新宿〔新宿駅新南口〕~ハイウェイオアシス富楽里まで約80分
南総里見号:千葉駅西口~ハイウェイオアシス富楽里まで約70分

 

・電車
JR内房線岩井駅

 

・東京湾フェリーに車で乗船
久里浜港から、金谷港まで約50分、金谷港から田んぼまで20分程

 

◆プログラム
【第1回】1/28(土) 耕さない田んぼの話・日本人と稲作の歴史
・冬期湛水不耕起移植栽培とは?無農薬・無肥料栽培法にはどんなものがあるのでしょうか?
・稲作がどのように日本に定着していったのか、歴史をひもとくことで見えてくるものとは?

 

【第2回】3/18(土)  種まき/苗の話
稲の苗の仕組みについて、耕さない田んぼに不可欠な低温育苗法のポイントをお話しします。

 

【第3回】5/13(土)  田植え
5.5葉へ生長した苗を耕さない田んぼに植えます。
新緑の季節、豊かな自然の中で過ごしましょう。

 

【第4回】7/8(土)  田んぼ観察/生き物と雑草の話
田んぼの中の生きものがバランス良く繁殖できるフィールドを提供することで
肥料・農薬・除草剤の必要なく稲が育ちます。田植え後の草取りはしません。
草が生えないためには冬の田んぼづくりから。
雑草を観ることで田んぼの状態が分かる、水田雑草との付き合い方とは?

 

【第5回】9/9(土)  稲刈り/収穫についての話
実りの秋、稲を鎌で刈り取り、天日干しにします。収穫のタイミングと準備についてのお話も。

 

【第6回】10/14(土)  収穫したお米の試食会(お持ち帰りの新米付き)
自分で育てた稲がついにお米となってわたしたちの食卓へ!自然の恵みをみんなで享受しましょう。

 
 

*********************

 
 

プログラムを見ているだけでもわくわくしますよね!
さらに学びを深める座学の勉強会もあるようです。

 

くわしくは50noenさんのホームページでご確認くださいね。

 
 

マーマーな農家サイト
なかむらでした

LINEで送る

【10月29日(土)】いじり隊募集/三鷹オーガニック農園

みなさま、こんにちは!

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

 

先日の日曜日、三鷹オーガニック農園さん
ご近所にある幼稚園の催しがありました。

 

img_9286

 

とっても気持ちいい秋晴れ!!

 

こどもたちも大はしゃぎです。

 

この日わたしは、栄養士さんとご一緒に
ごはんの支度をお手伝い。

 

img_9287

 

img_9293

 

img_9288

 

こどもたちが収穫し、もいだ枝豆は
その場で茹でて食べてもらいました。

 

炊きたての枝豆ごはんは、おむすびに!

 

img_9278

 

こどもたちは、虫を捕まえたり
顔が真っ赤になるほど、土のうえを駆けまわったり
枝豆の赤ちゃん(小さい未発達のもの)を持ってきて
「これ食べれるの?」と聞いてきたり・・・と
畑でのこういう体験って、まさに食育ですね〜〜〜!

 

完全無農薬、化学肥料を使っていない畑だからこそ
安心してできることですね。

 

 

農園では、こうした催しを継続的に開催しています。

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

さて!
今週末は、いじり隊であります!
我々も継続しております!

 

遅くなってしまいましたが、募集開始です。

 

 

○いじり隊とは…

 

土に触れたい人
農に興味があるけれど何からはじめていいかわからない人
からだを動かして気持ちいい汗を流したい人
ボランティアに興味がある人

 

そんな方々と一緒に、農家さんのお手伝いをする会です。

 

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

⭐︎「第14回 いじり隊」⭐︎

 

◎日時:10月29日(土曜日)9:30~16:30頃

◎時間:

A:1日参加できる方(9時半~16時半頃)
B:午後だけ参加できる方(12~14時の間にお越しください)
◎場所:三鷹オーガニック農園

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀9-18-12 トレーラーハウス内事務所
くわしいアクセスはこちら

【いじり隊参加希望の方へ】三鷹オーガニック農園への行き方

 

◎参加費:ドネーション

ドネーションとは「寄付、寄贈」という意味です。マーマーな農家サイトは、みなさまにいただいたドネーションで運営しています。お気持ちに見合う金額をドネーションしていただければさいわいです)

◎定員:10名程度 (定員になり次第〆切とさせていただきます)
◎服装や持ち物:動きやすい服装・帽子・長靴・汗をかいた時用に着替えのシャツ・軍手・タオル・飲み物・虫除け・マグカップ(お茶を飲むためのもの)

※陽が落ちると寒いので暖かい服もお持ちください

◎申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでメールにてご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

 

件名:いじり隊10月29日参加希望   お名前(フルネームでお願いいたします)

本文:

1、お名前
2、ふりがな
3、電話番号
4、メールアドレス
5、生年月日
6、郵便番号
7、ご住所
8、交通手段
9、参加希望時間(AorB、Bの場合は到着時間)
10、ワークショップ希望有無(呼吸orタロット)
11、ランチご希望メニュー(要予約)
12、ご参加のきっかけなど、農家サイトへひとこと(何でも結構です)

 

 

 

≪当日のスケジュール≫

 

9時半~12時 農作業

 

12~15時 シエスタ
ランチタイム(有料メニューは要予約)
呼吸教室(要予約:参加費1,000円・お茶とお菓子つき)ご参加の方はヨガマットかバスタオルをお持ちください
松子の部屋・タロット占い(要予約:イベント価格10分1,000円)
農家サイトミニリアルショップ予定

 

15~16時半 農作業
片付け
農主かねこさんのお話

 

 

 

 

1日作業していただいた方には

かねこシェフのまかないランチ(無料)がつきます!

 

 

他にも、人気の農園レストランでは…

 

 

◯世界一美味しい「ナポリタンスパゲッティ」
◯「農園特製タイカレー」
◯「農園特製焼きそば」
(すべて500円)

 

今また旬を迎えているルッコラを
わっさわっさにトッピングしてくれるとか!

 

 

まかないランチを、有料メニューに変更ご希望の方には
300円引きで対応してくださるそうです!

 

 

 

シエスタタイムには、
土の上で行う「呼吸教室」を行います。

 

 

マーマーガールにはおなじみの加藤メソッド。

 

呼吸によって、からだ・こころ・たましいをひとつにしていき、
自分の中に眠っている潜在能力を引き出します。

 

 

土の上で行う呼吸は
自然、宇宙のエネルギーをダイレクトに感じることができて
なんともいえない気持ちよさです。

 

最近の不調や
もやもやした気持ち
すべてを吐き出して
こころもからだも解放させてあげましょう!

 

 

 

前回、大好評でした
スタッフ松浦さんの「松子の部屋」(タロット占い)も開店いたしますよ〜!

 

img_0657

 

 

 

 

 

10月29日(土)いじり隊、

翌日30日の「芋煮会2016 〜農園de飲み会〜」参加者も絶賛募集中です。

 

 

みなさまのご参加を
こころよりお待ちしております♪

 

 

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした!

LINEで送る

【10月30日(日)】芋煮会2016〜農園de飲み会〜募集!/三鷹オーガニック農園

みなさま、こんにちは!

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの
小林加代です。

 

 

10月も下旬にさしかかってまいりました。

 

ひゃお〜〜〜〜〜〜〜!

 

 

なんたるちーや!(し、死語ですか?)

 

 

 

このなんとも心地よい時期は短いもので
あっという間に秋も深まっていくのですね〜〜

 

 

 

そう!

 

 

実りの秋到来であります!!

 

栗・さつまいも・里芋・かぼちゃ・銀杏・きのこ・みょうが・

青梗菜・ブロッコリー・むかご・落花生・柿・りんご・・・・・・

 

 

ちょっと思いつくだけも、たくさんありますね。

 

 

里芋類やかぼちゃの自然な甘みが増して
とってもおいしい時期です。

 

葉ものも暑さが過ぎ去り、多くの旬野菜が並びます。

 

 

そして新米!!!

 

 

多くの農家さんが丹精込めてつくってくださったお米たち。

 

天候不順や天災、さまざまなご苦労の末、
わたしたちの食卓へ届いたのですね。
ほんとうにありがたいことです。

 

 

わたしは普段、玄米をいただくことが多いですが
この時期は、白米がご馳走です!

 

 

 

 

そんな秋の味覚を、みんなでワイワイと味わいませんか?

 

この時期、北の風物詩ともなっている芋煮会。

 

ここ、三鷹でもたのしもうよ!!

 

ということで

 

いじり隊でお世話になっております、三鷹オーガニック農園さんで
芋煮会を開きま〜〜〜す!!!

 

 

当日は・・・・・・
枝豆を畑で収穫した枝豆ごはんや
ねっとりとおいしい旬の里芋で芋煮をつくります。

 

 

在来種の枝豆は、今まで食べていた枝豆はなんだったの?
というくらいに味がしっかり濃くて、目玉が飛び出ますよ!

 

 

羽釜で炊いた精米したてのごはん
もうこれだけで感無量なのですが、、

 

そこに、贅沢に枝豆をイン!

 

おかわり間違いなしです!!

 

 

お腹に余裕があったら
芋煮の中へ、武蔵野うどんを入れて食べようともくろんでいます。

 

 

お酒(ビール1グラス 300円 ワイン1グラス500円 チューハイ各種1グラス300円など)は

農園レストランでもご用意しておりますが

持ち込みも可能ですので
お好きなドリンクをご持参くださいね。

 

おつまみなども持ち込みOKですので
ご自慢の手料理やおすすめなデリなど
一品持ち寄りも大・大・大歓迎です!

 

 

 

土を触ることの心地よさ
手を動かすたのしさ
採れたてもぎたてのおいしさを
ぜひ! 味わっていただきたいです。

 

 

農園は、都内と思えないほど静かで
自然を感じられる気持ちいい場所です。

 

 

ランタンの灯りの下、夜空を見上げながら
みんなで火を、食卓を囲んで
語らいあいましょう!

 

 

 

 

「芋煮会2016 〜農園de飲み会〜」

◎日時:10月30日( 日曜日)14時~20時頃
◎場所:三鷹オーガニック農園
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀9-18-12 トレーラーハウス内事務所
くわしいアクセスはこちら

【いじり隊参加希望の方へ】三鷹オーガニック農園への行き方

 
◎参加費:2000円
◎定員:30名程度 (定員になり次第〆切とさせていただきます)
◎持ち物:マグカップ・マイお箸・虫除けスプレー・軍手 ※屋外で過ごすため、暖かい服装
(畑へ入りますので、動きやすい服装・靴でお越しください。お着替えスペースもございます)

◎申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでメールにてご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

 

件名:芋煮会10月30日参加希望   お名前(フルネームでお願いいたします)
本文:

1、お名前
2、ふりがな
3、電話番号
4、メールアドレス
5、生年月日
6、郵便番号
7、ご住所
8、交通手段
9、ご参加のきっかけなど、農家サイトへひとこと(何でも結構です)

 

≪当日のスケジュール≫

 

14時~ 集合・準備スタート

 

17時前後 乾杯・シェアタイム

 

19〜20時ごろ お片づけ・解散

 

 

 

 

 

どうぞお気軽にお越しくださいね。

 

みなさまのご参加をこころよりお待ちしております。

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした♪

LINEで送る

【山梨県ぴたらファーム】11月5日(土)収穫祭を開催します

みなさん、こんにちは!

 

 

matsuura

 

ボランティアスタッフの
ライター・松浦綾子です。

 

 

 

毎日少しずつ秋に近づき、

重ね履きや重ね着の冷えとりファッションが楽しくなりましたね~。

 

 

 

 

 

野球ファンのわたしは

10月中旬のドラフト会議から日本シリーズ開幕の流れのおかげで、

毎年、センチメンタルとは無縁な秋を過ごしています。

 

 

日本シリーズでは、我がパ・リーグ代表(西武ライオンズファンです)の

北海道日本ハムファイターズを応援しますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋といえば、

農家さんがもっとも活気づくシーズンでもあります。

 

 

 

年に1度のお楽しみ、それが秋の収穫祭!

 

 

 

 

 

農家サイトのもとにも

マーマーな農家さんから収穫祭のご案内が届きました。

 

 

 

いつもわくわくするイベントを開催している

山梨県のぴたらファームさんから収穫祭のお知らせです。

 

 

*********************

 

ぴたらファーム収穫祭

*Harvest Festival of PitaraFarm*

 2016年11月5日(土)

 11:30~16:00

 山梨県北杜市白州町横手1118

 入場無料

 

 

20161016_1433822_t

 

 

 

1年に1回だけの収穫を祝うお祭りです。

より多くの人にきてもらいたいから、今年は入場無料!!

ぜひ遊びにいらしてください!

  

【公共交通機関をご利用の方へ】

 

◆行き

JR中央線日野春駅で下車

10時42分発「西村入口・大坊上」行きのローカルバスに乗り

「横手下」下車。バス停から徒歩1~2分です。

11時にバス停に着くので、収穫祭スタートより少し早めに着きますが、

ファームの周りなども散策しながらごゆるりとお過ごしくださいませ。

  

◆帰り

ローカルバスが無いため、車で駅まで送ります。

車に限りがあるので、必ずご予約ください。片道500円かかります。

ご予約はこちらのメール<pitarafarm@gmail.com>にどうぞ。

収穫祭終了後16時10分ごろを目安に以下の電車に合わせて

ぴたらファームを出発します。

《電車時刻表》

 東京方面16時35分発

 長野方面16時45分発

 

 

 

 

 

 

<ワークショップ>

 

「ウッドガスストーブづくり」
料金 1台2000円
人数 同時に3組様まで
時間 大人なら30分程度
対象 中学生以上 

 

   「小枝の工作教室」
料金 300円
人数 1回につき4人まで(幼児は大人と一緒に)
時間 50分以下 実施時間は11時半から15時までとなります。
対象 こどもからお年寄りまで◎ 

 

  「ゆび編みワークショップ」

料金 シュシュ 500円1個

   その他は糸代¥15/g

  (帽子¥1,000~ マフラー¥2~3,000くらい)

人数 申し込み順に随時
時間 シュシュ=約30分 シュシュ15時半まで

   マフラー他は1~2時間(個人差があります)14時まで
対象 シュシュ 5才以上

   マフラー他 は小学生以上のやる気のある方

 
 
 

「真鍮のスプーン、バングルづくり」

世界にひとつのマイスプーン、バングルを手づくりできます。

*とっても食べやすいカレースプーン 3500円

*おてがるスプーン 1000円

*バングル 1500円

時間:20~40分
対象:小学生くらいから

人数:一度に4人ほど

  

 

「子ども遊びとんぼ」

 

 

 

<フード>

ピザ、パン、テンペ、カフェ、ジェラート、

フェアトレードコーヒー、酵素ドリンク、お茶、お酒

 

 

そのほか

音楽ライブ、美容室、マッサージ、消しゴムはんこ、ダンス、

ぴたら大豆プロジェクト わら納豆&きな粉づくり など

 

20161012_1431171

 

 

*********************

 

  

  

 

気になるイベント・出店が

盛り、盛り、盛りだくさん!!

 

 

収穫祭というよりフェス!?

  

 

1日じゃ足りないほど楽しめそうです。

 

 

 

 

 

パーマカルチャーを実践しているぴたらファームは、施設そのものも見どころ。
循環型の暮らしを実際に見る機会ですよ!
  

 

・にわとり小屋

・コンポストトイレ

・ソーラーパネル

・日干し煉瓦釜戸

 

 「ぴたらファームの中庭には、パーマカルチャー要素が散りばめられています。

既存物を生かし、身近な素材を生かし、動物の特性や役割を生かし、

1つの要素に2つの役割をもたせることを目指したデザインを目指して

みんなで手づくりしたものです。

ぜひ見学していってくださいネ!」

 

 

 

 

くわしくはぴたらファームさんの

ブログまたはFacebookでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

マーマーな農家サイト

スタッフ 松浦でした!

 

LINEで送る

海・ソーヤーさんおすすめ あたらしい時代を生きるためのブックガイド

マーマーマガジン 15号『マーマーマガジン』15号に登場した、エコ男子 海・ソーヤーさん(共生活動家)。「変化を起こすには、“意識”と“行動”と“想像”が必要」と、アツく語る海さん。あたらしい時代をつくるために、その3つのいずれかを刺激してくれる本たちを、ご紹介します!
セレクトと文=海・ソーヤー
WEB版別冊『マーマーマガジン』(更新:2012/06/01)
より転載

あたらしい時代を生きるためのブックガイド

僕が目指すのは、“半文化創作家/半農家”。だから、よく読む本は、オルタナティブな農業や、あたらしい文化づくりに関するものが多いです。不可能を超えた想像力に惹かれるのかも。一方で、現実をどう捉えるか、現実をどう変えるか、といったことにもとても興味があります。
好きな小説は、自分の生きている社会を批判しつつ、リアリティとファンタジーの境界線があいまいなものが多いかな。自分たちが生きている「現実」が、実は錯覚なんだと気づかせてくれます。

放射能を正しく知る本

◎『世界一わかりやすい放射能の本当の話 子どもを守る編』(伊藤隼也=監修 宝島社=刊)
現代の日本で暮らすために、必要最低限の放射能情報がまとまっている

これからの農業を考える

◎『大人の園芸 庭木 花木 果樹』(濱野周泰=監修 小学館=刊)
パーマカルチャーと出合い、樹木にも関心をもつように。木を育てる基礎がわかりやすく説明されている

◎『パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン』(ビル・モリソン、レニー・ミア・スレイ=著 田口恒夫・小祝慶子=訳 農山漁村文化協会=刊)
パーマカルチャーオタクなので、この本は必需品。共生するための知識が豊富に詰め込まれている

街・社会づくりを学びたい人に

◎『江戸に学ぶエコ生活術』(アズビー・ブラウン=著 幾島幸子=訳 阪急コミュニケーションズ=刊)
江戸時代の日本で実践されていた持続可能な社会を伝えている

◎『フンデルトヴァッサー建築』(タッシェン=刊)
建物の一部に木を住まわせる発想など、自然との共生を実現させた革新的アーティスト、フンデルトヴァッサー。彼の想像力の豊かさと作品の美しさは、やみつきになる。東京の建物をフンデルトヴァッサー化しようと、ひそかに計画中

意識を拡大するために

◎『一九八四年(新訳版)』(ジョージ・オーウェル=著 高橋和久=訳 ハヤカワepi文庫)
現代社会のおそろしい側面を鋭く描いている。現代の西洋文化にも大きな影響をもたらしたのだそう

◎『すばらしい新世界』(オルダス・ハックスリー=著 松村達雄=訳 講談社文庫)
『一九八四年』同様、現代社会の異常な面をおもしろく表現している。皮肉な表現方法も抜群にいい

◎『はだしのゲン』全7巻(中沢啓治=著 中公文庫、コミック版)
おそるべし戦争! 人間のさまざまな面を、体験に基づき描いたこのシリーズは世界の財産だ

◎『仏の教え ビーイング・ピース ほほえみが人を生かす』(ティク・ナット・ハン=著 棚橋一晃=訳 中公文庫)
仏教の魅力に気づかせてくれたのがハンさん。この本は、日常の平和に関するブッダの教えを非常にシンプルにまとめたもの

英語で「今」を考えるあなたに

◎『The LORAX』(Dr.Seuss=著 Random House Books for Young Readers=刊 英語)
Dr.スースのサイケな絵とともに、消費文化社会と、自然破壊の物語が描かれている。大人も子どもも楽しめる傑作

◎『A Different Kind of Luxury  Japanese Lessons in Simple Living and Inner Abundance』(Andy Couturier=著 Stone Bridge Pr=刊 英語)
友だちのアンディが書いた、日本の現代的仙人、十数人のバイオグラフィー。脱原発運動については、環境保護活動家の渡辺厚子さんや本田耕一さんの話が載っている。日本語版も出版予定

◎『Adbusters』(Alphascript Publishing=刊 英語)
カナダの作家・活動家カレ・ラースンさんが立ち上げた、精神環境とメディア・アクティビズム(メディアでメディアを批判すること)がテーマの雑誌。日本にまで飛び火した、反格差を訴える「オキュパイ・ウォール・ストリート運動」の呼びかけも行った

【かい・そーやー】

東京生まれ。米・カリフォルニア大学サンタクルーズ校に通い、パーマカルチャーに出合う。アメリカや中米で自給自足生活を学び、昨年秋に帰国。「共生」に関わる活動をメインにしながら、今春から東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラムに通学。
http://livingpermaculture.blogspot.jp/

読み物/fromマーマーマガジン
LINEで送る