【土のレポート】おばあちゃんの畑と田んぼへ行ってきました!

みなさん、こんにちは!
今日は、このサイトのボランティアスタッフに入ってくれた
小林加代さんのレポートをお届けします!
長野に、おかあさまのご実家があり、
そこで体験した、畑と田んぼでの作業のこと……。
うーん、土にさわりたくレポート!
さっそくどうぞー!

***

みなさま、こんにちは! 
先週お母さんの田舎、
長野へ畑のお手伝いへ行ってまいりました。

子どもの頃、夏休みになると
しばらくご厄介になっていた田舎の家。
おばちゃんも高齢になり、
いとこたちがお手伝いしていると聞き、
今回はじめて、わたしもお手伝いに出かけました。

平日夜中の高速は空いていて、
2時間足らずで祖母の家に到着。
玄関入ったとたん、
プーンと懐かしい匂いに包まれ一瞬でタイムスリップ。
実に30年ぶりの田舎の家お泊まりです。

座敷にお布団が用意されていて、
じわ~っとうれしい気持ちがこみあげてきました。
丑三つ時も過ぎ、カエルの声が響く中
何だか不思議な感覚をまといながら眠りにつきました。

IMG_8208

<7時起床>
夕べ遅くに食事をしたので、朝はコーヒーだけをいただきました。
日焼け止めをしっかり塗り、もんぺスタイルでやる気モードに。
「そのもんぺ変わってるね~」と田舎のおばちゃん。
着物をリメイクして作られたもんぺなんです。
今日はいとこ2人と親戚のおじさんが山梨から来てくれて作業をします。

◎草むしり
まずは畑の草むしりです。
薬などは使っていないので、むしってもむしってもすぐ生えてくる草たち。
わたしは鎌(かま)で、馴れている大人たちは草刈りマシンで。

花が咲いていると可哀想で、ついよけてしまいます。

クローバーも東京で見るのと違って、ものすごく大きい葉っぱで背丈もありました。
むしった草は、ヤツデで集めて「猫」で運びます。
農具の名前と道具が一致しなかったりで
??となったりしましたが、「猫」は大丈夫でした。
「猫」とは、手押し車のことです!

◎種植え
東京から持って来た古来種の種(種市で購入)、
「黒田五寸人参」と「雪白体菜」をハウスの中に植えました。
種を植えるのって、とてもわくわくします。
「芽出てね~」と声かけながら、土をかぶせてお水をあげました。

<お昼タイム>
結構暑かったので、素麺が食べたいとのリクエストあり。
素麺のトッピングはワカメとお葱。
畑で採れた蕗はお煮染めにしてありました。
柔らかく煮えていて、お箸がすすみます。
ご近所さんからいただいた蕗とキクラゲの煮物は濃いめのお味で
白いご飯にあうおかずでした。

IMG_8193

◎庭のお手入れ
お花がいつも綺麗に咲いている、田舎のお庭が好きでした。
今は使っていない井戸も私が子どもの頃は冷たいお水が出て
すいかやトマトを冷やして食べたのを覚えています。

今回は少し枝が伸びてきた、松の木の剪定をしました。
ハンディ草刈り機を使ってやってみるものの、
ここでも新芽を刈ってしまうのをためらい、なかなか進みません。

IMG_8236

「もっと思い切って!」と指導されやっていくうちに
だんだん大胆になって、かなりカッティングしました。
剪定をしてはじめて気がついたのですが、
この松の木、船の形をしているのでした!

今は亡き田舎のおじちゃんがデザインしていたそうです。
ますますお庭が好きになりました。

◎田植え
今回田植えヘルパーとして来たつもりでしたが
10日程前にひと通り体験し終えておりました。
「たうえたうえ~」と何度も言っていましたら、やってみる?とのお声が。
やっほい!

足まくり腕まくり長靴も靴下4枚も脱いで、裸足で田んぼへどぼん。
「うあ~~~~!きもちいい~~~~!」
ズボボボボ  ズボボボボ
田んぼの中は暖かく、なんともいえない足の裏の感触。
この感覚はじめてです!!

稲を3~5本もぎって、指で穴をあけつつ植えてみる。
ヌルッ  ズボボボボ
ヌルッ  ズボボボボ
泥に足をとられ、よろめきながらでなかなかまっすぐ進めません。

しかし、ものすごく楽しい!!!

「じゃあほどほどにねー」とみんなは去り、田んぼにひとり。
ぬはー、うわー、あはーとか
訳の分からぬことばを発しながら、無心で時は過ぎました。

ふと頭をあげてみると自分が手植えした部分だけが、
しっかり曲がっていて笑えたけれど
田んぼの真ん中から見る景色は美しく、感動的でありました。
何メートルか進んだところで、雨がポツポツしてきて終了。

IMG_8244

<お茶タイム>
お湯で足を洗ってさっぱりしたところで雷がゴーゴー鳴って、にわか雨。
よいお湿りになりました。
わらび餅で一服です。
もって来たお灸とオイルを出してきてのマッサージタイム。

保戸塚優美さんから習ったばかりのふくらはぎマッサージをいとこのお姉さんと。
オイルのいい匂い(お兄さんはくさい!と言っていましたが)に包まれながら
ここは何のツボで~とか言いながらグリグリ。
「は~!ずいぶん軽くなったわ~!」とのお声が。


思ったこと

自分でたべる分と、
まわりの方へ少しお譲りできるくらいの規模の田舎の畑。
おじちゃんとおばちゃんが守ってきた畑。
今はこどもたちが協力してお手伝いできる範囲での栽培。
そういう畑たち、家族たち、この日本にどのくらいあるでしょう。

きっときっとたくさんあるのだと思います。

土にふれて、何だか心が穏やかに、
ゆるやかに、ほぐれた1日でした。

秋にはイナゴが採れるとのこと。イナゴ…捕まえられるかな……。
美しい里山の風景、田んぼに揺れるキラキラした稲を見ながら、
収穫の前にも、また来ようと思いました。

LINEで送る

マーマーガールのそこぢから◎ご紹介方法簡単に!◎ドネーションの使用方法

みなさん、こんにちは!
早いものでもう6月ですね。
農家サイトも、オープンして約半年になります。

あちこちで、読者のみなさんに会うと、
この「マーマーな農家サイト」の話になって、
「また、農家さんをご紹介しますね〜」とか、
「農業体験に行ってきましたよ〜」とか……、

また、ドネーションくださるかたからも
熱いメッセージをたくさんいただいており、
先日も、Hさんというかたから、

「個人ではどんなによい内容の発信をしても、
注目されなかったり、影響を与えられなかったりする面を、
貴サイトに期待をしております。
今後とも微力ながらお力添えしたいと思っておりますので、
がんばってください! 
わたくしも、貴サイトを拝見して、
自発的にできることを
少しずつ生活に取りくもうと思っております」

というおことばをいただきました(Hさん、ありがとうございました!)。

Hさんは、こんなふうに書いてくださっていますが、
このサイトは、本当に本当に、すみからすみまで、
マーマーガール&ボーイ、
つまりは、読者の方、
個人個人の方のおちからぞえによって成りたつものです。

ちょっと話はずれるのですが……
わたしたちは、今まで、こう、なんだろう、
「与えてもらうのがあたりまえ」という世界に住んでいて、
そうして、自分でも想像を超えるほど、
依頼心を強くして生きてきていると思います。

なぜこんなにも人々が、依頼心を高めて生きているのか、については、
いろいろなことが考えられますが、
ひとつには、
個人個人に依頼心(依存心)があると、
ものが売れやすい、つまり、
資本主義のシステム上、とても都合がよく、
金金ワールドにとって、よいかたちだから、ということが
いえるように思います(ものすごく簡単に書いてしまいましたが、ざっと書くと、でも、こんな感じ)。

資本主義を否定するわけではないんです。
わたしもその恩恵をびしばし受けて生きています。

でも、依頼心/依存心についてはいささか懐疑的です。

・自分に自信がない
・いつも上の人やシステムのせいにする(外側のことを悪くいう)
・いつもものやかたちに頼る
・誰かに憧れすぎ/権威を否定しすぎ(どちらも表裏一体だと思います)

個人がこんなふうになっていって
はたして人は、しあわせなのだろうか? と思うからです。

自信がない→いつも外側のせいにする(いつもほかの人を悪くいったり、システムに怒ったり、会社のせいにしたりする/もしくは何かに憧れすぎたり、誰かを猛烈に批判したりする)→自己肯定感は高まらない→自信はますますなくなる→外側のせいに→頼る→自信ない

という負のループがありはしないか、と問いたいのです。

そういう「幻」からは、とっくに脱出したよ!
という人もいると思います。

・自分の足で立つことにしました
・全部100%自分の責任と悟りはじめました
・ものやかたちに頼らず、自分に頼ることにしました

などなど……。

もちろん、すぐに、というわけにはいきません。

でも、今、まさにこのサイトの取り組みは、
さらに、そういった、個人個人のみなさんが自立することで
しあわせになり、その幸福をベースに、
あたらしいシステム/活動をつくれないか、という取り組みのひとつ、
でもあります。

どこか外側に輝きを見つけるのではなくて、
自分の中に星(輝き)を見つけて、
それを輝かせて生きる。
マーマーな農家サイトをスタートして、
農(土とともに生きる)ということに、
継続的に(永続的に)取り組んでいきたいと思うのは、
そんな、思いがあるからです。

土とともに生きる、という暮らしと
個人個人が関わることが、
自分自身の輝きに気づく生き方にもつながりますし、
また、こうしたサイトを
読者の方のちからでつくっていくということじたいも、
みなさんの輝きを発揮していただくこととつながっています。

これは、ひとつの挑戦です。

でも、マーマーガール&ボーイの手、でならば、
きっと、きっと、うまくいく!!!
と確信しています。

で! です!

せっかくの農家サイト、ですのに、
まだまだ、農家さん、学ぶ場の情報が、
充分ではありません。

そういうことで、先日、
ボランティアスタッフさんたちと話し合い、
こんなふうにいたしました。

1、農家さんを紹介したい
http://murmur-farm.com/post.html
上記の「探したい」をよく読んで、
みずから、農家さんに打診をして、シートに記入し、
わたしたちに送っていただく
(これは従来の方法です)
これも、どしどしお待ちしています

で!です!

1が、「よくわかんないわー」「農家さんにシート送ったんだけど、
返事なくて」「やりたいけどなかなか時間が……」とむずかしい方に!!!!

こうします!!

じゃん!

2、おすすめの農家さん/学ぶ場について名前と連絡先(HPや電話番号など)をinfo@murmur-farm.comまで教えていただく

とこれだけでオッケーというふうにしました。

もちろん、1のかたちで、お手伝いいただけると
わたしたちにとっては、とーーっても助かります。

でも、このかたちだと、なかなか時間がかかってしまいそうで……。

ということで、
みなさんからおすすめの農家さん、学ぶ場の情報を提供いただけたら、
あとは、ボランティアスタッフのほうで、掲載許可をとっていく
という形にしてまいります!

どうぞどうぞ、みなさん、
メール一本でけっこうです。

おすすめの農家さん(無農薬に限ります)、
おすすめの学ぶ場さんをご紹介ください!
(おすすめの理由も簡単に書いてくださいませ☆)

なお、今後、
「宅配」というコーナーも設けて、
おすすめの「野菜宅配」の情報も掲載してまいります!

みなさん、きっと、
すてきな野菜と出合いたい&そういった農家さんを応援したい
というかたも多いですよね!

ということで、
おすすめ「宅配」情報もお待ちしています!!!(鼻息)

さて、今日は長いですがもうひとつ。

ドネーションについての使い道についても
先日、相談をさせていただきました。

それで、
ドネーションについては、
今後、ボランティアスタッフさんが、
農家さんを探したり、たずねたり、ワークショップに参加したり、
というための費用として使わせていただこうということになりました
(現在は、ボランティアスタッフさん全5名が編集部に集まる際の
往復の交通費として使わせていただいております/
またこういった内容のご報告も年度末などにまとめてしてまいりますね!)

それぞれ、どういうふうに使わせていただいたかなども
ご報告していけたらと思っています!
いずれにせよ、現在では、
ドネーションはプールさせていただき、
しかるべきタイミングで、使わせていただきたいと考えています。


ということで!

みなさん、おすすめ農家さん、
ありましたら、どしどし
info@murmur-farm.comまでメールをください!

また、農家さんへ行ってきたよ〜という体験談も
お待ちしていますね。

わたしも明日は、いよいよ19号でご紹介した
波多野さんの土に、固定種の種で、種まきをしようと思っています。

また、土にさわる機会があるかどうかわからないのですが、
この週末は、田舎に行ってきます! たのしみ=ブヒ!

では、どうぞ、よい6月を☆

マーマーな農家サイト
服部みれい でしたー!



チャオス!

LINEで送る

『ひとり農業』の上映&トークイベント(神奈川県)のごあんないです

みなさん、こんにちは。
マーマーな農家サイト・ボランティアスタッフの
はたのかずえです。

ある日の朝のこと。
いつものお弁当づくりもなく、家族もみな早く出かけたので、
思いがけず、早朝からパソコンに向かってみました。



ベランダを開け放ったら、朝の風の気持ちいいこと!

キリッとしていて「新しい空気~!」って感じ。

頭もさえてきて、

よいフレーズがどんどん浮かぶ…ようなきがする(笑)



家事も朝のうちに済ませると

おどろくほど午前中が長くて、これがまたありがたい!
すごーく贅沢な感じがしました。



いままで、一人の時間は
家族が寝静まってから=夜中、でした。
静かでいいのですが
夜更かししてるっていう罪悪感もあって。

そう!!これからは、朝!自分の時間をつくれるようにします。
朝活!!デビューします☆



さてさて。
本日は、オーガニックファーム『百姓農園』さんの
上映会&トークイベントのごあんないです。

◎2014年6月22日(日)
園主、弓木野毅さんの奮闘ぶりを
およそ2年に渡って密着した映像ドキュメンタリー
『ひとり農業』の上映のほか
トークライブも開催されるそうです。

くわしくはこちらから。
↓ ↓ ↓
http://yumikino.jp/_src/sc715/20140622.pdf


また、オーガニックファーム『百姓農園』さんでは
研修生も募集しているそうですよ。
↓ ↓ ↓
http://yumikino.jp/farm/kenshu.html

興味のある方、ぜひアクセスしてみてくださいね。

LINEで送る

コバタケファーム お米買ってみたよ!レポート

みなさま
こんにちは。

マーマーな農家サイト
ボランティアスタッフの はたのかずえです。



なんてうれしいことでしょう!!

読者の方から
マーマーな農家サイトを見て、お米を購入したよ!

という報告をいただきました。

さっそく、ご紹介いたしま~す!!

********

サイト・ブログの更新など、楽しんでいます。
ありがとうございます。



わたしは3月上旬にマーマーな農家サイトに紹介されていた

コバタケファームさんからお米(京都旭1号)を
購入させていただきました。

お米とともに「コバタケファームの自給日記」(←興味深かったです)や

オマケのゆずジャム(賞味期限が近いけれど、まだ大丈夫というもの)
が届いたりして

単にお米を買う以上に楽しませていただきました。

お米は、粒一つ一つが大きくて、おいしかったです。



無農薬とかそういうところ抜きにしても

うちは2人暮らしなので、少量(1kg)から買えるのもありがたいし

しかも玄米・白米・7分・5分と
つき方も選べてとてもいいなーと思いました。

(そして、無農薬なのに思ったより高くない…!(^▽^;))



良いお米や食べ物を分けていただけるの、ありがたいです。

ご紹介ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

(レポート M・Yさん)


********

M・Yさん、レポートありがとうございました~!!

こんなふうに教えていただけると
購入の参考になりますね。
また、何か行動したいけれど、どんなことからはじめたらいいかな?
と思っている読者の方の後押しができると思います。

どうぞ、みなさまの体験談をお寄せください。
お待ちしております!!





★★★ 農家体験レポート大募集!! ★★★





(募集内容)


農家サイトを見て、アクションを起こされた方。


こちらのアドレスまでレポートをお寄せ下さい。




○メールアドレス:info@murmur-farm.com


○記載いただきたい内容


・メール件名「農家体験レポート」


・農家さんの名前


・ペンネーム


・レポート


(体験したこと、感じたことなど自由に書いてください!)


LINEで送る

納豆つくってみました!レポート③

みなさま
こんにちは!

マーマーな農家サイト
ボランティアスタッフの はたのかずえ です。

納豆づくりレポート第三弾をお届けいたします。
レポーターは
ボランティアスタッフのお試し隊 中村 泰子さん です。

◎レポート第一弾はこちら
◎レポート第二弾はこちら

それでは、さっそくどうぞ~!

*******

自分でつくった納豆は可愛いものですね。
そんな我が子のような納豆で
さささんのレシピ「納豆ドレッシングのサラダ丼」
をつくってみましたよ。

人参とキュウリをピーラーでうすくスライスして
サラダ菜の上にどさっとのせます。
その上にざく切りのトマトと自家製納豆を合わせて
調味料を加え、こちらもたっぷりのせて。

いただきま~す!

しゃきしゃき野菜とトマトの酸味、大豆の甘さが合わさって
もりもり野菜が食べられます。
ヘルシーだけど栄養たっぷりで見た目にも鮮やか!
食欲をそそります。

17

さてさて!
ここまではりきってレポートしておいてなんですが…。

実は私、納豆が苦手だったんです。
味はきらいじゃないけど、においとべたべたがいやで
自ら買うことはありませんでした。
でも!
今回自分でつくってみて
すべての出所がわかった上での安心感からか
「おいし~!」と思うことができたのです。

やっぱり手をかけたものはおいしい。
愛が入っているとなおさら!

あれがきらい、これが食べられないって
ある種の思い込みかもしれませんね。
今まで食べられないと思って避けていたものも
あらためて見直してみようと思います。

手づくり納豆
みなさんもぜひ、つくってみてくださいね~。

*******

以上、3回にわたって納豆づくりレポを
お届けいたしました。

いかがでしたか?

マーマーマガジンを見て、はたまたこのブログを見て
納豆つくってみたよ~という方。

ぜひ「つくったよ!レポ」をお寄せください。


こちらまで~。
info@murmur-farm.com

お待ちしておりま~す☆

LINEで送る