【成婚レポート!!】農場へお嫁入りするマーマーガールの物語(その1)/きっかけはこんなこと

みなさま
こんにちは。

hatano

マーマーな農家サイトボランティアスタッフの
はたのかずえです。

フェスまで1か月を切りました。

2日目に開催されるお見合いは、女性からのお申し込み殺到で
熱気ムンムンな感じです。

参加されるみなさま。
どうぞ、いろいろと妄想をふくらませて
当日を楽しみにしてくださいね。

さて、そんなドキドキ、ワクワク気分を
さらにもりあげるべく……。
本日は、農業体験を通して
農家さんにお嫁入りすることになったまきこさんの
ご成婚レポート♪をお届けいたします。

先日、農家サイトに掲載させていただいた
神奈川県 えんちゃん農場
のえんちゃんとの
とってもすてきな物語です。


数回にわけて配信いたしますので
最後までお楽しみくださ~い。

それでは第1話をどうぞ~!

*******

きっかけは『マーマーマガジン』19号の農業特集でした。
『マーマーマガジン』はそれより1年ほど前から愛読していましたが、
19号に関しては中身の濃さに少々たじろいでしまっていました。

でも、読み進めていくうちに、子どもの頃、いとこの家が当時まだ農家で、
夏休みにトマトや枝豆の収穫をやらせてもらったこと、
小学校の卒業文集か何かに、
「将来の夢は北海道の広ーい畑でじゃがいもをつくる」
(じゃがいもが大好きなので)
なんて書いていたなあ……と思い出し、
野菜をつくることや、畑仕事に興味がある自分、
というのを再発見したのです。


その頃、わたしは離婚して3か月ほど経ったところでした。
離婚は円満に済ますことができましたが、
わたしの両親は既に他界しており、
完全なひとり暮らしとなってしまうため、離婚は勇気のいる決断でした。

それでも、わたしは新しい自分になることを選びました。
幸い職場にも恵まれ、気にかけてくれる親類や友人のおかげで、
はじめてのひとり暮らしもどうにかこうにかやっていました。

それから間もなく、会社の人事異動で職場が変わりました。
今までと業務内容も環境も変わり、
わたしはなかなかそこに馴染めず、
毎日ネガティブな気持ちで過ごしていました。

冷えとりで良くなってきた体調も、しだいに逆戻りしてしまい、
会社を休んで寝込むこともありました。
そんな状況だからこそ、
「この先じぶんはどう生きていきたいのか」を
真剣に考えるようになりました。

「わたしノート」に書き込むだけ書き込んで、そうして得た結論は、

○会社や世の中の景気に左右されずに暮らしたい
○現金は最低限、食べるのに困らなければいい
(というか、仕事を続けてもこの先収入が増えることは考えにくい)
○ならば、野菜くらいは自分でつくって食べる暮らしをしよう
○からだが動く今のうちから10年計画で、
畑作業を学んだり、将来住む家と畑を探してみよう
という人生設計でした。

折しも、「マーマーな農家」サイトがお目見えし、
掲載されている地方の農家さんに、長期休暇のときにでも、
作業体験を申し込んでみようと考えていました。

恋愛はというと、離婚後「恋愛呼吸」にはチャレンジしていたものの、
彼氏ができる気配はなく、
「ほんとに、このまま一生ひとりかもしれないなあ」と思いはじめ、
ますます自分の畑を持つことの必要性を感じていました。

一方で、ひとり暮らしはやっぱり心細い日もあり、
結婚はともかく一緒に農的暮らしができるような、
信頼できるパートナーが欲しいなあ……とも思っていました。
それは今年3月の下旬でした。

職場の先輩が、昼休み中ある情報誌を読んでいました。
それは横浜の特集でいろいろな飲食店が紹介されていて、
「このパンケーキ、すっごくおいしそう~!」という先輩の声につられて、
普段は手に取らないその雑誌を、
帰りに立ち寄った書店でパラパラとめくってみました。

とある見開きのページに「地元野菜を使ったレストラン」という特集があり、
ページのかたすみには、ある農場が紹介されていました。

住所を見ると、それは同じ横浜市内、
しかも見学・作業体験歓迎、とのコメントつき。
農業体験=地方の農家さん、と思い込んでいたわたしは
「なーんだ、ここでお手伝いさせてもらえばいいんだ!
同じ市内なら定期的に通えるし」
と、さっそく雑誌を買って、その農場のHPを見てみました。

親の代からの農家ではなく、脱サラしてはじめた新規就農者であること、
無化学肥料・無農薬の野菜とお米をつくっていること。

プロフィールは冗談めかして書いてあるものの、
しっかり書き込まれたコンセプトから、
強い意志のようなものを感じました。

読み終えてすぐ、
私は農場見学と作業体験の申し込みメールを送りました。

今となっては「よくもまあ、ひとりで行こうと思ったものだ……」
と思いますが。


(第2話につづく~)

 

LINEで送る