【レポート】新潟県 ちんころ市に津南町の農家「はらんなか」さんを訪ねました

みなさま、
寒中お見舞い申しあげます。
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

ほとんど雪の無いお正月を迎えた新潟県魚沼地方でしたが、
先日の大寒波で、例年通りの冬景色となりました。

 

寒波のときの新潟県十日町市
 

これで、今回の寒波2日目くらいの様子です。

自然はすごい!

 

 

さて、毎年1月に、新潟県十日町市で開催される「節季市」、
別名「ちんころ市」は冬の風物詩として知られています。
多くの人々が名物の「ちんころ」や並ぶ露店を楽しみに集まります。

 

「ちんころ」は米粉で子犬や干支などをかたどった縁起物で、
その愛らしさが人気です。

 

新潟県十日町市の節季市で売られる縁起物「ちんころ」

 

まだ雪の少なかった1月10日に開催された節季市に、
やきいも屋として出店されているマーマーな農家「はらんなか」さんを訪ねました。

 

節季市で自分で育てて焼いたやきいもを売る、津南町の農家はらんなかさん

 

自らが育てたさつまいもを自ら焼いて販売している「はらんなか」さんのやきいも、
独特のしっとりした甘さにファンが多いです。
わたしは、小さめをチョイス!

 

新潟県津南町の農家 はらんなかさんの焼きいも

 

 

やきいものほか、2015年の暮れからはじめたお豆腐なども販売しています。
名水として名高い津南町「竜ヶ窪」の水を使い、
「はらんなか」さんが育てた大豆「さといらず」と地元産の「えんれい」
津南産大豆100%にこだわった、一丁一丁手づくりのお豆腐です。

 

はらんなかさんの豆腐、はつめ舎のぬかぽん

 

豆腐づくりは大変らしいですが、
豆乳を使ったパンづくりを研究中と笑ってらっしゃいました。

 

その木綿豆腐を買って帰り、まずは奴で食べましたら、甘い!
“砂糖要らず”が語源とされる「さといらず」を使っているからなのか、
名水仕込みだからなのか、手づくりだからなのか、、、。

 

これだけ味が濃いお豆腐ですから、おからもおいしいことでしょう。
料理好きのレポーターを求めます!

 

 

さらに、マーマーガール・マーマーボーイにもおすすめな
くり返し使えるホットバッグ「ぬかぽん」も販売していました。
新潟県産コシヒカリの玄米と煎りぬか、静岡県産の平釜塩を使って
十日町市内の工房「はつめ舎」でつくられています。
わたしは、6〜7年、買い替えて愛用しています。

 

 

新潟県十日町市の節季市は、
毎年1月10日、15日、20日、25日の4回開催です。

 

 

「はらんなか」さんのお豆腐や雪下にんじんジュースなどは、
直売所などでも販売されています。
十日町市、津南町へいらっしゃることがあったら、ぜひ手にとってみてください。

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

マーマーな農家サイトでは
農家さん情報、お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております

 
 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

 

LINEで送る