石田紀佳の魔女入門 番外編 スプラウト栽培はじめましょ!

マーマーマガジン 20号『マーマーマガジン』20号のふろくで、「土とともに生きる生活を今すぐはじめる8つの知恵」をご紹介くださった石田紀佳さん。住まいを選ばず、誰でも簡単にはじめられる、緑豆のスプラウトの育てかたをご紹介します。自分の手でいのちを育てる喜びを感じてみて!
文、写真=石田紀佳

WEB版別冊『マーマーマガジン』(更新:2014/03/21)
より転載

緑豆(ムング豆)の育てかた

【準備するもの】(つくりやすい分量)

緑豆50g

【育てかた】

  1. 緑豆(ムング豆)の育て方11緑豆を水で軽くすすぎ、水を張った皿やボウルに入れ、一晩ほど浸けておく
  2. 緑豆(ムング豆)の育て方22表面の皮が破れてきたら、緑豆をざるにあけ、よく水を切る
  3. 緑豆(ムング豆)の育て方33ざるにあけた状態で、緑豆の表面が乾かないよう、密閉はせずに蓋をのせるか、濡れぶきんをかけておく
  4. 緑豆(ムング豆)の育て方44朝と晩など、1日2回、3を水ですすぐ。気温が高いときは多めの水で、低いときは少なめの水で行うとよい。3〜5mmくらい根が伸びたら調理OK。まずは2回に分けて収穫して、味の違いをたのしんで!

のりまメモ

◎日をあててもう少し長い期間育てると、緑の芽が伸びてきます。ただし、水びたしにしたり、密封してしまうと、腐敗して臭くなってきます。特に気温が高くなると腐敗しやすいので、あたたかくなってきたら朝晩必ず水ですすいでくださいね。

◎表面が乾くのが早すぎたり、芽を出すために長く時間がかかって根の先が茶色になるのは、温度が低すぎるというサイン。早めにいただくか、鉢をあたたかいところに移動させましょう。

◎豆の種類によっては生でも食べられますが、緑の芽が出ないうちにたくさん食べると、人によっては消化がしづらいことも。酢につけたり、さっとゆでていただくのがおすすめ。

【いしだ・のりか】

フリーランスキュレーター。著書に『藍から青へ 自然の産物と手工芸』(建築資料研究社)、『草木と手仕事』(薫風堂)。
http://xusamusi.blog121.fc2.com/

読み物/fromマーマーマガジン
LINEで送る