【新潟県】グリューンバルト農園さん掲載しました

みなさま、こんにちは〜。
土鍋での玄米炊飯にハマっている、
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの池田です。

 

実は、わたし。
以前は「玄米はちょっと…」と思っていたのです。
それが、土鍋で炊きはじめたら(スーパーで1000円未満で売っている土鍋です)、
とてもたのしいし、何よりおいしいのです。
おともは山菜、今年は野草の魅力にも目覚めました。

 

 

さて、今回ご紹介するマーマーな農家サイトにあらたに掲載された
「学びの場」は、新潟県南魚沼市にあります。
わたしが住む十日町市のおとなりです。うれしい!

 

 

南魚沼市六日町の「グリューンバルト農園」さんは、
東京農大の職員として果樹や畜産の仕事をしていた立川健一さんが、
ご家族で経営している農園民宿です。

 

南魚沼市六日町の「グリューンバルト農園」収穫作業の様子、ハサ木前

 

写真は、稲刈り・ハサ掛け作業のひとコマ。
まんなかに写っているのが、立川さんです。

 

無農薬・自然農法での米づくり・野菜づくりから
鶏の飼育、農産品の加工にいたるまで、
さらに希望に応じて、鎌の研ぎ方・草の刈り方から、
土のつくり方・肥料のつくり方まで指導してくれます。

 

「魚沼産コシヒカリ」産地として知られる、南魚沼市。
農園は、関越自動車道六日町インターから5分と便利な場所にあり、
田んぼからは、八海山が望めます。

 

南魚沼市六日町の「グリューンバルト農園」の田んぼから見える八海山

 

自然農法でつくったお米と野菜の宅配もされています。
詳しくは、「グリューンバルト農園」さん紹介ページでご確認ください。

 

「米どころ・新潟県南魚沼市のコシヒカリは甘くてもちもち」とは、
推薦してくださった東京在住のたっちーさんの談。

 

 

マーマーな農家サイトでは、農家さん情報、体験・お取り寄せレポートなど、
みなさまからのお便りをお待ちしております!
くわしくは、こちらのページをご覧ください。

 

マーマーな農家サイト
池田弘美でした。

LINEで送る