アーカイブ:2021年2月

【参加者募集!!】マーマーな相部屋・シェア畑6期生&いじり隊・シェア畑説明会@三鷹オーガニック農園さん

みなさま こんにちは!

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

あたらしいメンバーでスタートいたしました農家サイト。
今回、すてきなことに全国各地にスタッフがいるのですよ。

 

各地の農家さんとも、より深くおつきあいができそうで
ますます豊かなつながりが広がってゆくことと思います。

 

みなさん、わくわくたのしく活動をはじめています。

 

これからも農家サイトを、どうぞよろしくお願いもうしあげます!

 

 

 

さて本日は、「マーマーな相部屋・シェア畑 いじり隊&説明会」のご案内です。

 

三鷹オーガニック農園さんのシェア畑では
マーマーマガジン農特集でも掲載されました
伝統野菜の種を扱う野口の種や、自家採種した種を使用しながら
1年を通して約50種類のお野菜をつくります。

 

化学的な農薬や肥料、動物性肥料を一切使わずに
野菜を育てる方法を基礎から学ぶことができると
地方からも受講生がいらっしゃるなど、人気の講座。

 

常に最新の農業を! と、
勉強熱心で、情熱のある農業家さんのもと
しっかり学べる場です。

 

興味があってはじめてみたいけれど、ひとりでできるか不安・・・

 

講義に参加できない日もありそう・・・

 

一緒に学べる仲間がほしい・・・

 

などなど、ご相談も受けたこともあり
はじまりました「マーマーな相部屋・シェア畑」。

 

2018.08

 

2018.10

 

2018.17

 

2018.21

 

2019.10

 

コロちゃんによって、リモートでのお仕事やあたらしい生活スタイルになり
ますます農への関心が高まる中、
早くからお申し込みをいただきました。

 

 

ここで5期の生徒さんから
コメントをいただきましたので、ご紹介いたしますね!

 

 

◯ Nさんより ◯

 

微生物たっぷりイキイキのフカフカな土と、天然の水と、
固定種在来種の種苗と安全な肥料で
しっかりこだわったプロのオーガニック農業のノウハウを
近所の街ナカで教えていただける…というのは、
すごいことなのではないかと思い、参加しました。
初めてのことばかりでとまどいだらけ&失敗だらけでしたし
師匠のお手本のようにはできないし
勤めながらなので作業やスケジューリングが難しい時もありましたが
それでも実ってくれる野菜たちのありがたさよ!!
なんといっても収穫したての野菜はめっちゃくちゃおいしかったです。
そしてわたしが体調を崩した時に
シェア畑のお仲間たちが助けて下さったことにも感謝。
またコーディネーターさんのご連絡や取りまとめも
親切丁寧でいろいろと相談にも乗ってくださり助かりました。
1年経ってもわからないことだらけの謎だらけですが、
わからなくてもおもしろいです。
次年度は今年やったことを振り返りながら
卒業畑をのんびりマイペースで続ける予定です。

 

 

◯ Kさんより ◯

 

初めての畑で何も分からない状態でしたが
コーディネーターさんのサポートで初めの一歩を踏み出せました!
シェア畑ということでお仲間と一緒にできたことはとてもありがたかったです。
何しろ分からないことだらけ、講義をきちんと受けていても
その場になると「あれっ?」となってしまったりして
そういう時お仲間と相談できるのは、ほんとうに有難く安心できました。
畑をやってみたいけど一緒に始めるお友達がいない・・・
という方は、シェア畑おすすめですよ!
困ったことがあればコーディネーターさんに相談にのっていただけますし
親身になってサポートしていただきき、ほんとうに助かりました!
一年やってみて畑のことが少しわかるようになりました。
土に触れると体調もよくなるし
自分たちが作った野菜を食べるのはワクワクします(o^^o)
迷ってらっしゃる方、是非始めの一歩を踏み出してみてください!

 

 

 

NさんKさん、ありがとうございました!

 

おふたりは、とてもとても熱心に通われて
おいそがしいなかも協力しあって、畑と向きあっていらっしゃいました。
そのようすがほんとうにすばらしくて、いつも感動させてもらいました。

 

そして!
おふたりとも4月からは卒業エリア(2年目からは、自由に畑をデザインします)
を借りられて、今回習ったことをさらに発展させていかれるそう!

 

むお〜! すばらしいですっっ!

 

 

 

2020.02
 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

◯「マーマーな相部屋・シェア畑」とは

 

1区画、10坪を4名定員でご利用いただけます。
講義は、全員ご参加できます。
どなたも参加できない時は、プライベート講義やお助け隊制度もあります。(有料)

 

 

実習スタート日:3月27日(土)28日(日)

 

費用:4名で10坪借りた場合 一人当たりの年間費用は5万円(税別)

 

期間:令和3年4月~令和4年3月下旬まで(1年間)

 

募集人数:8名(申し込み順に4名単位の区画メンバー割をいたします)

 

締め切り:随時募集(事前入金必要)(お早めをおすすめします)

 

お申し込み・お問い合わせ:下記要項を記載のうえ、
こちらまでメールにてご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

件名:「マーマーな相部屋・シェア畑 5期生」参加希望  お名前(フルネームでお願いいたします)

 

本文:
1、お名前
2、ふりがな
3、電話番号
4、メールアドレス
5、生年月日
6、郵便番号
7、ご住所
8、アクセス方法(電車、バス、車など)
9、ご参加のきっかけなど、農家サイトへひとこと(何でも結構です)

 

 

農園の詳しい案内につきましてはこちらをご覧ください。

 

 

⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎

 

そして、シェア畑の説明会と、いじり隊も行います!

 

 

 

○いじり隊とは…

 

土に触れたい人
農に興味があるけれど何からはじめていいかわからない人
からだを動かして気持ちいい汗を流したい人
ボランティアに興味がある人

 

そんな方々と一緒に、農家さんのお手伝いをする会です。

 

 

⭐︎「シェア畑見学・説明会」「第59回 いじり隊」⭐︎

 

◎日時:3月6日(土曜日)10:00~11:00 (シェア畑見学・説明会のみ)
    3月21日(日曜日)10:00~16:00 (いじり隊{シェア畑見学・説明会含})

 

◎時間:いじり隊について

A:1日参加できる方(10時~16時)
B:午後だけ参加できる方(12時にお越しください)

 

◎場所:三鷹オーガニック農園

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀9-18-12 トレーラーハウス内事務所
くわしいアクセスはこちら

【いじり隊参加希望の方へ】三鷹オーガニック農園への行き方

 

◎参加費:ドネーション

ドネーションとは「寄付、寄贈」という意味です。マーマーな農家サイトは、みなさまにいただいたドネーションで運営しています。お気持ちに見合う金額をドネーションしていただければさいわいです)

◎定員:10名程度 (定員になり次第〆切とさせていただきます)
◎服装や持ち物:動きやすい服装・帽子・長靴・軍手・タオル・飲み物・マグカップ(お茶を飲むためのもの)・虫よけ

◎申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでメールにてご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

 

件名:シェア畑見学・説明会 3月6日 or いじり隊 3月21日 参加希望  お名前(フルネームでお願いいたします)

本文:

1、お名前
2、ふりがな
3、電話番号
4、メールアドレス
5、生年月日
6、郵便番号
7、ご住所
8、交通手段
9、参加希望時間(AorB)
10、ワークショップ希望有無(呼吸)
11、ご参加のきっかけなど、農家サイトへひとこと(何でも結構です)

 

 

 

≪当日のスケジュール≫

 

10時~12時頃 シェア畑説明会・農作業

 

12~14時頃 シエスタ
ランチタイム
呼吸教室(要予約:参加費1,000円)

 

14~16時頃 農作業
片付け
農主かねこさんのお話

 

 

お昼は、1日ご参加いただいた方に、まかないランチをご用意いたします。
メニューは当日のおたのしみ!

 

 

 

また、シエスタタイムには
スタッフ小林の「呼吸教室」を行います。

 

マーマーガールにはおなじみの加藤メソッド。
マスク生活が長く続き、なかなか深い呼吸がしずらいです。
土の上で行う呼吸で、氣を循環させて免疫力をアップしましょう!

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

あたらしい春です。
わくわく農ライフを、たのしみましょう!

 

お気軽にご参加くださいませ。
こころよりお待ちしております♪

 

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした!

LINEで送る

【イベント情報】愛知県 映画上映会&講演会 ゲノム編集食品って何?
~オンライン講演会の入金は2/21(日)まで~

みなさま こんにちは!
兵庫県宝塚市在住のいのあいと申します。

 

昨年末の声のメルマガにて、
みれいさんが、マーマーな農業サイトのボランティア募集の
お話しをされたとき、聴いた後すぐに手をあげさせていただきました!
これからの自分の生活に、
農をもっと身近に取り入れたい!と、
昨年の非常事態宣言による自粛中に
ずっとずっと思っていたからです。

 

これから1年間
あたらしいボランティアスタッフ6名で
一生懸命取り組ませていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

早速ですが、マーマーな農家サイトの中部エリアで、
最新の情報が更新されているので、ご紹介させてください。

 

「なごや国際オーガニック映画祭」さんによる上映会と講演会のご案内です。

 

なごや国際オーガニック映画祭チラシ

 

こちらの団体は、
有機農業に取り組む人たちとその野菜を街で食べる人たちとの
うれしいつながりを生み出すこと、
そして持続可能な社会をつくることを目的とし、
運営のメンバーの方々は、
全員ボランティアの市民団体で運営されているのだとか。

 

有機農業とそれをとりまく環境問題、
地域などについて知って、
考えるきっかけを与えてくれるような内容の映画をメインに、
上映されていらっしゃいます。

 

…と! もうすぐ…なのですが、
2月23日(火・祝)13時~に開催されるのが
ドキュメンタリー映画「遺伝子組み換えルーレット」
(Fジェフェリー・M・スミス監督/アメリカ映画/2015年)の上映。
その折には、分子生物学者・河田昌東(かわたまさはる)先生による
講演会「新たな遺伝子操作・ゲノム操作技術って何?」も開催されるそうです。
河田さんは、「遺伝子組み換え食品を考える中部の会」代表でもいらっしゃいます。

 

ドキュメンタリー映画「遺伝子組み換えルーレット」チラシ

 

 

遺伝子の総体を表す「ゲノム」。
遺伝子組み換え食品は、わたしもセミナーなどを通じて
ある程度は理解をしているのですが、
最近ところどころで耳にする「ゲノム編集食品」。
このゲノム編集食品って
安全性などどうなんだろうか? と、とっても気になっていたのです。

 

わたしも、こういう情報について少しずつですがセミナーに
参加したり、本を読んで勉強したりしています。
子どもを授かり、食のことを勉強し、そこから農薬やF1の種の存在を知り、
少しずつ視野が広がり、安心な野菜を家族に食べさせたいと思い、
昨年からですが、ちいさいながらも家庭菜園をはじめました。

 

こういった現実をわたしたちが、もっともっと知ることによって、
「せめてどのゲノム編集食品に対しても
表示義務をしてほしい!」など
大きなパブリックの動きにつながっていくのではと、
わたしは思っています。

 

こちらの講演会はオンライン参加もできます。
名古屋在住以外の方も
気軽におうちで参加できます
(入金締め切りは2/21<日>)。

 

みなさまの大きな気づきのきっかけから、将来持続可能な社会に
つながれるようにと願いを込めて、ご紹介させていただきました!

 

最後になりますが
マーマーな農家サイトでは、
無農薬による農家さんでのみなさまの農業体験
おすすめの農家さん情報など、絶賛大募集中です。
お気軽に、こちらまでご連絡くださいね!
http://murmur-farm.com/post.html

 

わたしたちの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
あらためましてドネーションの協力もお願いできますとさいわいです。
http://murmur-farm.com/support.html

 

今後ともマーマーな農家サイトを
どうぞどうぞよろしくお願いもうしあげます。

 

こころより愛と感謝を込めて。

 

マーマーな農家サイト スタッフ一同

LINEで送る

2021年よりあたらしいメンバーでスタートします!

みなさま こんにちは!
岩手県盛岡市在住のしもやまくみと申します。

 

 

昨年末の声のメルマガにて、
みれいさんが
「来年はマーマーな農業サイトに力を入れたい!」とお話しされたとき、
「わたしもお手伝いさせていただきたい!」
とこころの底から思い、
真っ先にボランティアスタッフに応募させていただきました。

 

(じつは2日間くらいメールをし忘れていたのですが、
2日間続けてみれいさんと福太郎さんの夢を見たのです!!)

 

これまで農業サイトに取り組んでくださった
前ボランティアスタッフのみなさんに教わりながら、
あたらしいボランティアスタッフ6名で
これから1年間一生懸命取り組ませていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2015年にマーマーな農業サイトが立ち上がった際、
わたしは推薦者として同じ県内の農家さんを2組ご紹介させていただきました。
岩手県花巻市東和町の「和み農園」さんと、
同じく岩手県遠野市の「風土農園」さんです。

 

 

 

わたしは盛岡でkasi-friendly(カシーフレンドリー)という
冷えとりのアイテムや自然素材のお洋服を扱うお店を営んでおり、
冷えとりを実践するにつれ、食との密接なつながりや
昔ながらの発酵文化の大切さを感じるようになり
お客さまと一緒に勉強しながら深めてまいりました。

 

 

そのご縁もあって現在に至るまで
この二組の農家さんとは一緒にいろいろな活動をしています。

 

「和み農園さん」とは2016年より、
お野菜の宅配の受け渡し場所として
わたしたちのお店を窓口に使っていただいています。
また宅配セットをご購入くださった方を募り、
子どもたちと一緒に
種まきと収穫の時期に援農にうかがいました。

 

 

岩手県 和み農園写真

 

和み農園:種芋を植えている様子

 

4月、種芋を植えている様子

 

和み農園の様子

 

和み農園:野菜の収穫のお手伝い

 

7月 春に植えた野菜の収穫のお手伝いの様子

 

 

和み農園:援農体験参加者

 

 

土に触れ、自分たちが種まきした野菜を収穫する喜び、
採れたての夏野菜のおひるごはんを
みんなでおいしくいただきました。
実り多き体験はこれからも続けていきたいです。

 

和み農園:援農体験での食卓

 

ちなみに和み農園の佐藤吉洋さんのパートナー千秋さんは生粋のマーマーガール!
「今週のメルマガ聞いた~?神回だったね~」と
いつも盛り上がっています(笑)。
声のメルマガを聴きながら農作業に精を出しているそうです。

 

 

「風土農園さん」とは、無農薬でつくった米麹やお味噌キットを
わたしたちのお店で販売させていただいています。

 

 

風土農園の麹

 

特に無農薬でつくられたお米で作られる麹は、
年々その美味しさが話題となり
毎年年末に予約を募るのですが、
県外の方からもお申し込みをいただくようになりました。

 

風土農園の伊勢崎克彦さんのパートナー真由美さんは、
東京のアパレルの世界でバリバリ働いていた女性。

 

風土農園のお二人

 

それがなぜか岩手の遠野に嫁ぐことになったのか!
真由美さんを遠野に引き寄せたご主人の並々ならぬ愛(地域愛)
自然と環境、循環のお話などなど
何度聞いてもおもしろくておもしろくて!

 

風土農園さんのお話

 

風土農園さんの活動の写真

 

風土農園さんが描く未来

 

 

 

風土農園さんの田植えお手伝い

 

田植えのお手伝いもさせていただきました。

 

 

 

 

 

これからわたしたちボランティアメンバーは、
マーマーな農業サイトを通じて
各地の農家さんたちが取り組んでいることを
みなさまに分かりやすくお伝えできるよう

 

まずは自分たちが楽しみながら
発信していきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

しもやまくみでした☆

LINEで送る

【マーマーな農家サイト * 2017〜2020年度 決算・活動報告】

みなさま こんにちは。

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

 

2021年の立春をむかえ、いよいよあたらしい年がはじまりました。

 

旧暦ではこの日が1年のはじめとされていたため
ここから数えてさまざまな季節の節目があります。
八十八夜や、二百十日などがよく知られていますね。

 

 

また、2月8日は(または12月8日、地方によって異なる)お事始めといって
農事のはじめの日とされているのだそう。

 

暦の上では春!

 

さまざまなことが動き出すのですね!

 

 

 

 

 

さて、本日は2017〜2020年度の
マーマーな農家サイトの決算・活動報告をさせていただきます。

 

たいへん遅くのご報告となり申し訳ありません。
そしてすこし長くなりますが、おつきあいいただけましたらさいわいです。

 

2017-2020会計表

 

上記の表の内訳は以下となります。

 

【 収入内訳 】
収入は、ドネーションのお振込とイベントでのドネーションと物販販売からのものです。
イベントは主に三鷹オーガニック農園さんで行っている
「いじり隊」へご参加くださった方から
また農主のかねこさんからのドネーションになります。

 

【 支出内訳 】
運営費は、スタッフの取材時の電話代・通信費・編集記事執筆代・
イベント時の交通費として
仕入れは、農家さんの加工品、マーマーマガジンや手帖など
エムエム・ブックスからの品もの
雑費は、お配りしているチラシや名刺印刷、発送代金として使用いたしました。

 

お取り扱いさせていただいた農家さんは、
鹿児島県・かえるすたいるYamada野菜さんの、梅干し・梅酢・切り干し大根・ひじき・しょうゆ・よもぎお茶
栃木県・山崎観光農園さんの、トマトジュース・黒糖蜂蜜ジンジャエール・いちごスカッシュ・柚子とマクワウリのソーダでした。

 

 

 

 

活動内容は、振り返りながらご説明してまいりたいと思います!

 

 

2017年は、三鷹オーガニック農園さんで行っている「いじり隊」
なんと23回も開催いたしました。

 

四季を通してマーマーガール・ボーイにご参加していただき
たくさんたくさん土と戯れました。

 

寒い冬、ハウスの中での種取り
暑さに負けそうになりながら、無心の草取り
作物の植え付けや、お手入れなどなど・・・
おまちかねのランチタイム!

 

どの季節もやることはいっぱいで、農家さんの大変さも実感しつつ
土にふれることの気持ちよさを、思う存分味わっていただけたことと思います。

 

2017.01JPG

 

2017.02

 

2017.03

 

2017.04

 

2017.05

 

2017.06

 

2018.01

 

 

 

この年からマーマーな相部屋・シェア畑もはじまり
3名のマーマーガールたちと畑づくりを通してさまざまなことを学びました。

 

2017.07

 

2017.08

 

 

また、年々進化しているみれいさんの畑レポートもございましたね!

 

編集部の田んぼをご指導いただいている
50noenの五十嵐武志さん、ひろこさんによるリレーエッセイ
自然栽培全国普及会の会長・高橋博さんの連載
もはじまりました。

 

多くのみなさまに読んでいただきたい内容です。

 

そして! 掲載農家さんは

 

岐阜県・自然農縁 月とたねさん
岡山県・山善農園さん
千葉県・つるかめ農園さん

 

と、3件のすてきなすてきな農家さんをご紹介いたしました。

 

 

 

2018年は、マーマーガールたちとの冬の茶話会を行いました。

 

2018.03

 

2018.04

 

2018.05

 

2018.06

 

おいしいお茶と差し入れのケーキ、三鷹オーガニック農園のフレッシュお野菜と
里芋をつまみながら
畑や移住などについて、女子トークに花が咲きました。

 

 

春には、50noenさんとの「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」も開催されました。

 

種まきからできるなんて、ほんとうに貴重な体験です。
自分で育てたお米をいただけるなんて、感動もひとしおだったことと思います。

 

41467991_2015700182053823_6794663894636822528_o

 

また、みれいさんたちの暮らす、美濃の編集部の小屋では、
断熱ワークショップもありました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

岡山から左官職人のカイル・ホルツヒューターさんを講師にお招きして
自然阻害をふんだんに使った小屋づくり。

 

2016年に大地の再生をおこなった空間が(下写真2点)
みなさんの手でどんどん豊かになっていっているのがすばらしいです!

 

2016.01

 

2016.02

 

 

また、この年も「いじり隊」・「シェア畑」ともにみなさんと
わいわいと畑を満喫しました。

 

2018.14

 

2018.22
2018.16

 

 

そして、この年のビッグイベント!
「クリスマスだよ全員集合♪」

 

みれいさんともご親交のある、湯川潮音さんが率いるトラベリングオーケストラと
マーマーガール&ボーイにはおなじみアディナーダさん(ナツ&ヨシ)に
バンドでご参加いただくという
とてもとてもとても! 豪華なイブとなりました。

 

今でも胸あつくなる当日の感動もさることながら、
会場をつくるとことから手助けしてくれたマーマーガールたちの底力!
ほんとうにすごかった。

 

2018.57

 

クリスマス会のレポートも、アップ準備中ですのでどうぞおたのしみに!

 

 

この年の掲載農家さんは

 

徳島県・おひーさんの農園 チーノさん
愛知県・Bio Garden Withさん
長野県・こめる農園さん
愛知県・Share Seeds(常滑南陵市民センター)さん
長野県・SASAKI SEEDSさん

 

と、熱心な農家さんたちとのご縁がつながりました。

 

 

 

 

2019年は、
気候変動のショートフィルムの上映会&茶話会を行いました。

気候変動が起こる原因や影響、
自分の生活の中で循環していることってなんだろう?
わたしができること、チャレンジしたいことなどについて
居心地のいいMIDOLINO_さんで、語らいあいました。

 

2019.08

 

2019.09

 

 

そして、三鷹オーガニック農園さんのシェア畑も3年目で
3名のマーマーガールが集いました。
吉祥寺駅内でのファーマーズマーケットなどにも参加したりと
お野菜を消費者に届ける難しさなども学ぶことができました。

 

2019.05

 

掲載農家さんは

 

愛知県・OKI25ルパンファームさん
沖縄県・農水苑 虹さん

 

愛にあふれた蓮根、自然の恵みたっぷりの純黒得
ぜひぜひ味わっていただきたいです。

 

 

 

 

2020年は、
三鷹オーガニック農園さん・いじり隊5年目、シェア畑も4年目となり
農園に山羊の親子もやってきて、そのお世話や
秋には恒例となっている、畑へ入れ込む堆肥用の落ち葉集めなどがありました。

 

2020.01

 

2020.05

 

やってきたばかりの親子の子山羊が妊娠していたことがわかり
(まだ小さいのにびっくり!)
秋には赤ちゃん山羊も加わり
ますます和みの場になっております。

 

2020.03

 

 

掲載農家さんは
沖縄県・大浜農園さんが加わりました。

 

 

 

 

ドネーションをお振込みいただきましたみなさま

 

◯2017年度
T.Sさま  T.Yさま  I.Mさま  S.Aさま  S.Hさま  Y.Nさま  F.Dさま
◯2018年度
O.Nさま  S.Mさま  K.Kさま  I.Hさま  Y.Nさま  H.Tさま
N.Mさま  S.Hさま
◯2019年度
T.Mさま  A.Kさま  S.Mさま
◯2020年度
F.Hさま  S.Fさま

 

イベントでドネーションしてくださいましたみなさま

 

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました!!!

 

また、農家さんをご紹介いただいた方
サイトを見てくださっている方
あたたかなメッセージをくださった方

 

お世話になっている農家さんのみなさま

 

農家サイトに関わってくださったすべての方々に
こころより厚く御礼をもうしあげます。

 

 

そして、このサイトを立ち上げてくださった
みれいさんにも感謝をもうしあげたいです。

 

コロちゃんにより、大きく変化をしたこの世の中
あらためて農の大切さが問われている気がしてなりません。

 

こころの平安を保つには、自然とふれあいが重要だと痛感しています。

 

 

 

現在、このマーマーな農家サイトでは
全国北海道から沖縄まで、77件の農家さん(+宅配2件)をご紹介させていただいております!

 

どの農家さんも環境に負担をかけない栽培で
たいへんご苦労なさいながらも、お米、お野菜、果樹などを
こころを尽くしてつくっていらっしゃいます。
そのお野菜もお米も、スーパーでみるそれとは違い
ほんとうにおいしく、うつくしく、尊い命です。

 

先人たちがつないできた種のこと
これからの食のはぐくみ方
農家サイトを通じて、もっともっとみなさまと一緒に学んでいきたいと思います。

 

わたしたちの暮らしが、日本が、地球が
ほんとうの豊かさにあふれますように。

 

これからも、食べて応援! お手伝いで応援!
それぞれの方法で、マーマーな農家サイト、
そして農家さんとつながっていただけましたら
ありがたいことこのうえないです!

 

 

 

最後になりますが
農家サイトでは、みなさまの農業体験
おすすめの農家さん情報など、絶賛大募集中です。

 

どんな小さなことでも大歓迎!
お気軽に、こちらまでご連絡くださいね!

 

わたしたちの活動は、みなさまのご支援により支えられています。
引き続きドネーションの協力もよろしくお願いいたします。

 

 

今後ともマーマーな農家サイトを
どうぞどうぞよろしくお願いもうしあげます。

 

こころより愛と感謝を込めて。

 

マーマーな農家サイト スタッフ一同

LINEで送る