アーカイブ:2015年9月

第2回「三鷹オーガニック農園いじり隊」さつまいものつるのメンテナンスしてきました!

こんにちは!

 

 

matsuura

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの
ライター・松浦綾子です。

 

きもちのよいお天気が続いていますね~!

 

 

先日、こちらのブログで募集した

第2回いじり隊・募集☆9月29日(火)三鷹オーガニック農園さん

「いじり隊」の第2回を開催しました。

 

IMG_7400

 

午前中は陽射しが強かったものの、風は涼しく、農作業日和◎

 

 

今回は

スタッフ小林さん、マーマーガール、わたしの計3名で

「さつまいものつるのメンテナンス」をおこないました☆

 

IMG_2830

 

前回の雑草とりから進歩です!

 

こちらのマーマーガールは、なんとご実家がお米農家さん!

貸し農園を探していたそうで今回参加してくれました。

 

 

ではさっそく、写真レポートをお送りしまーす。

 

 

 

 

農園についてまず気になったのは、

8月の「いじり隊」で雑草とりをした畑のこと。

 

 

前回のレポートはこちら

三鷹オーガニック農園さん「いじり隊」してきました!

 

 

あの畑は どうなっているかな……?

 

 

 

じゃん!

 

IMG_7399

 

 

やや雑草が増えたものの

バナナピーマン、なすが立派に成長していました。

 

IMG_7398

 

う~ん、感慨深い!!

 

たった1日お世話しただけなのに、うれしいものですね。

 

 

「あら~、こんなに大きくなっちゃって!

1回抱っこしたことあるのよ、覚えてる?」

会うたびにそう言ってくる親戚のおばさんの気分です。

 

 

 

親戚の子と再会を果たしたあとは、さつまいも畑へ移動。

 

 

有機栽培で育てているさつまいもは

11月に幼稚園のおこさまたちが収穫体験をしにくるのだそう。

IMG_7390

 

化学合成農薬を使っていないため、葉っぱには虫くい穴がたくさん。

 

ちょっとつるをめくっただけで

カラフルないもむしさんがぽろぽろと出てくる、出てくる~~~。

 

※画像はかわいいてんとうむしにしておきます

IMG_7393

 

 

地中に根をおろしてしまったつるや、

となりのうねのおいもと絡まってしまったつるをほどき、

メインのさつまいもの株が大きく育つようにするのが

今日のおしごと。

 

根をおろしたつるにはちいさなさつまいもができていることも。

 

IMG_2832

 

 

栄養が分散されてしまうので

これらはいまのうちに取ってしまいます。

 

 

 

中腰になり、

手作業でつるをかきわけ、ひっぱり、

メインのさつまいもは抜かないように気をつけて

ととのえます。

 

IMG_2825

 

くわを使った前回の雑草とりに比べると

かなり体力的にキツイ作業です。。

 

 

 

それでも

無数のいもむしさんたちに遭遇しながら

夢中でつるをかきわけて進み、

午前中の2時間で4分の1ほどを達成!

 

IMG_7394

 

うねとうねのすき間が見えてきました。

 

 

 

ランチは

農園主・金子さんの手づくりカレーうどんを

敷地にあるトレーラーハウスの中でいただきます。

 

IMG_2834

 

 

きのう農園で収穫したばかりの秋じゃがいもをたっぷり、

これまた敷地内で収穫した

日本ミツバチのはちみつが隠し味の

超・超・ぜいたくなカレー!!

 

IMG_2835

具が大きい!

 

 

なすとしその花の天ぷらも用意してくださいました。

 

IMG_2836

 

 

11月に迫ったはじめての「農園ウェディング」に向けて

会場(農園)の整備に訪れていた

ブライダルプランナーさんも一緒にランチ休憩しましたよ。

 

この農園がどんな風にウェディング仕様になるのか、

とてもたのしみです。

 

 

 

まるでおうちのような

広くて居心地のよいトレーラーハウスは

いつまでも休憩していたくなります。

(アルコールメニューもあるので

お昼から酒盛りする方もいるそうですよ!)

 

 

エアコン付きの休憩所へ移動して

虫よけアロマスプレーづくり。

IMG_7406

 

まだまだ蚊が元気に飛んでいるので虫よけは欠かせませんね。

 

 

猫も興味津々◎

 

IMG_2850

 

 

 

 

 

畑にポツンと置いてあった謎の黒い球体。

 

IMG_2851

 

筋トレの道具でも

「GANTZ」のアレでもありません。

 

アメリカ製のコンポストなんですって!!

スクールでつくり方を教えていて、購入もできるそうです 。

 

 

 

 

そこそこ長い休憩を経て

さつまいも畑で作業再開。

 

一ヶ月前より日が落ちるのが早くなったので

16時30分頃で切り上げました。

 

 

さて、今日の成果は……

 

 

 

before

 

IMG_2843

 

after

お昼休憩前

IMG_2833

 

作業終了後

IMG_2846

 

 

スッキリ!

 

 

さつまいも畑すべてというわけにはいきませんでしたが

なんとか3人で4分の3ほどを終わらせることができました!

 

 

今回は

ふくらはぎから太もも、おしり、腰、背中と

背面にかなり効く作業でした。

 

 

葉からおいもへ栄養を届ける大切なつるを切らないように、

そして次々にあらわれる虫たち。

 

(親指くらいのアゲハチョウの幼虫もいるんです!

進めず立往生してしまい、金子さんに助けてもらいました。。)

 

 

黙々と作業をしていると

あらわになったいもむしを狙って野鳥が近寄ってきたり、

おなじくスズメバチがやってきたり。

その鳥を狙う猫が畑に潜んでいることもあるのだそう。

 

弱肉強食、いのちの循環を実感しました。

 

 

そして、

虫が苦手なわたしは

虫をつけないために農薬を使う気持ちも少~し、理解できました。

 

 

それは不自然で、

長いスパンでみれば

畑にとってよくないことなのだけど……

 

 

実際に体験してみると、

「無農薬でつくってよ!」なんて

すべての農家さんに求めることはできないな、と。

 

だからこそ

有機栽培、無農薬栽培の農家さんへの感謝の気持ち、

農作物へのありがたみが増しました。

 

自分がやってみてこそ、その大変さがわかるんですね。

 

 

 

 

スクール生が借りている自然栽培の畑を案内してもらいました。

 

IMG_7395

 

こちらのエリアでは

農薬を使用していない貴重な土地で不耕起栽培ができます。

 

IMG_7397

 

IMG_7396

 

じゃがいも、里芋、白菜が植えられていました。

 

 

スクールでは

野口のタネで金子さんが購入してくれる

固定種のたねをつかいます。

 

IMG_7408

 

自然栽培の畑をしたくて

埼玉、神奈川、遠くは水戸から通っている方(!)

こちらで農園を借りて、近くに引っ越してくる方も多いそう。

 

 

「市や区で管理している市民農園は

自分の前に誰が、どんな方法で

何を栽培していたかがわかりません。

収穫量を増やすために

素人の知識で

農薬や肥料がたくさん入れられているんです」

 

と、金子さん。

 

 

貸し農園の利用を考えている方は

収穫量重視なのか、安全性重視なのか……

自分がどんな畑をやりたいか、

ヴィジョンを明確にする必要がありそうです。

 

 

 

 

最後に、、

 

「さつまいもが食べたいモード」に

なってしまったわたしたちのために

金子さんがわざわざ買いに行ってくださいました。

 

IMG_7407

 

トレーラーハウスで

ホクホクのさつまいもとビールで乾杯!

 

(最後は飲んじゃいました・笑)

 

 

「久しぶりにいい汗をかいて

気持ちいい時間を過ごすことができました」

 

と、マーマーガールもたのしんでくれましたよ◎

 

 

訪れるたびにあたらしい気づきがある

三鷹オーガニック農園のいじり隊。

 

次回は10月後半に開催予定!

からだをうごかすには最高の時期です。

ぜひ遊びに来てくださいね。

 

 

 

マーマーな農家サイト 松浦でした。

 

 

LINEで送る

【レポート】北海道江別市より~無肥料&無農薬で家庭菜園やってます!

みなさま、こんにちは♪
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの はたのかずえです。

 

hatano

 

秋ですね…。
澄み切った秋空。
見ていると気持ちよくて、深呼吸したくなります。

 

さて、今回は北海道で無肥料無農薬の家庭菜園をされている
カエル菜園さんからお寄せいただいたレポートをご紹介いたします。

 

農に興味を持ったきっかけや、家庭菜園のたのしいことなど、
参考になること盛りだくさん!です。

 

それでは、さっそくどうぞ~。

 

 

 

○菜園について

 

2014年から畑を借りて、ことしで2年目になります。
畑は15m×15mほどのスペースで
人参、食用ホオズキ、ピーマン、ナス、トマト、ネギ、
かぼちゃ、ズッキーニ、ビート、パセリ、ニラ、水菜、
白菜、小松菜、大根、カブ、ハーブなどをつくっています。

 

IMG_4848 

 

種は、固定種、交配種どちらも使っていますが
なるべく安全なものを選ぶようにしています。
自家採取もします。

 

栽培方法は、無農薬・無肥料、露地栽培、耕起です。

 
IMG_4816 

 

 

 

○家庭菜園をはじめたきっかけ

 

TPPや遺伝子組み換え作物の導入、蜂の減少などの状況から
世界全体の流れが、食の安全や環境の保全とは
反対の方向に進んでいるようで不安を感じていました。

 

世の中の流れが変わることを願っていましたが、
どうもそうはならないように感じたので
自分の食べる物は自分でつくろう、
土や植物を守ろうと思い、行動に移すことにしました。

 

ちょうど自然療法で治療中だったため、
食の安全が第一だと痛感していました。

 

はじめは農業もやってみたいと思ったのですが、
体力的にも経済的にも自分には合っていないと感じ、
家庭菜園にしました。

 

 

 

○やってみて良かったこと

 

とにかくどの野菜もとてもおいしいので、食の楽しみがあじわえました。
それに香りもとても良く、驚きました。

 

食事は野菜中心になり、まず腸の調子がよくなりました。
そして、しっかり食べ、農作業をする、の繰り返しで
体力もついたように思います。
運動不足の解消にもなるので、自然に痩せられます♪
わたしには畝たてと支柱たてがけっこうな運動になりました。
服が濡れるほど汗をかくので、いいデトックスができます。

 

少々の睡眠不足があっても、元気でいられるし、
食べる量が少なくても体力が維持できるので助かっています。
これは、自然療法と食をベースにした療法の相乗効果だと思います。

 

自分でつくったものを食べていると、
わたしたちにとって本当に必要なのは、
こういうエネルギーなんだと実感するようになりました。
新鮮な野菜の命をいただいて元気になれるのは
本当にありがたいことです。

 

精神的にも変化がありました。
かつてのわたしは、世の中の流れに悲観したり焦ったりして、
セミナーやデモに参加していたのですが、
いまはそれもなくなり、落ち着いて畑をやっていられます。

 

作物の成長もたのしみのひとつで、
とくに芽吹きの様子は本当に可愛い!のです。
畑の花や虫たちにも癒されています。
虫や動物は、自然と調和している作物には悪さをしないようです。
虫が作物を食べたりするのは、ほんの少しだけで
みんなで仲良く畑で暮らしている感じです。

 

とても可愛らしいです。
畑が自然のアートのようで、それをデザインする楽しみもあります。

 
IMG_4814 

 

 

 

○経済的なこと

 

材料費や種代など初期投資はありますが、
自家採取を重ねていけば、負担は少なくなります。
シーズンには野菜を買わなくなるので食費はあまりかかりません。
とれた野菜を友人が勤めているお店で販売してもらっているので
その売上を材料費にあてています。

 

 

 

○これからについて

 

畑仕事は、あたらしくてとてもおしゃれなことだと思っています。
いまわたしは、限られた面積の土壌改善をしたり、
食を通してのカラダの改善をしているところですが、
オーガニックな家庭菜園の輪がこれからどんどん広がって
大きな力になっていくことをたのしみにしています。

 

 

***************

 

カエル菜園さん、レポートありがとうございました!!

 

 

マーマーな農家サイトでは
みなさんの体験レポート、おすすめの農家さん情報などを
絶賛大募集中です。

 

お気軽にどしどし、こちらまでメールをくださいね!
info@murmur-farm.com

 

お待ちしておりま〜す!

 

 

はたのかずえでした!

LINEで送る

【レポート】50noenさんへ稲刈りに行ってきました!

みなさま、こんにちは!
マーマーな農家ボランティアスタッフの中村泰子です。

 

nakamura

 

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
秋晴れのとーってもよいお天気続きでしたね。

 

わたしは連休初日から体調を崩してしまい、
しょんぼりなスタートでしたが、半身浴をゆっくりしながら
からだを休めるにはよい時間になりました。

 
******************
 

さて、そんな連休さなかの9月22日、
千葉の南房総にある50noenさんの田んぼへ
稲刈りに行ってきました!

 

今回のメンバーは五十嵐さんのスクールの生徒さんとマーマーガールズ!
おこさまボーイズのふたりもお手伝いにきてくれました。
(おこさまボーイズの日曜カフェでは
五十嵐さんの米粉を使ったお菓子を出しているんですよ)

 

スクールの生徒さん以外は、みなさん稲刈り初体験でしたが
かまを手にしたら早い早い!
ざくざく、ざくざくと稲穂が積み上がっていきました。

 

稲刈り

 

稲刈り

 

そして、「ぬかのよい香りがする~」との声も。
刈りたてのお米の赤ちゃんを味見してみたのですが、
どことなくミルキー?

 

たのしくなってきたところで、もうお昼の時間です。
小川の近くでみんなでお昼休憩をしました。

 

お昼ごはん

 

気温は高いけど、空気はすっかり秋の気配。
木陰に入るとすこしひんやりします。
外でみんなで食べるごはんは本当においしい!!
労働するから~と言いつつ、ついつい食べすぎ。。

 

お昼ごはん

 

充分休んで、おなかもふくれて、
午後の作業です。

 

はぜかけ

 

今度は、刈り取った稲をひもで結わいてまとめていきます。
これをはぜかけするのです。

 

はぜかけ

 

はぜかけ
稲刈りしてる感満載!!

 

はぜかけ

 

行く道すがら、はぜかけされた稲穂の様子を
たくさん見ることができました。
最近では乾燥機で乾かしているところも多く、
天日干しは少なくなっているそうですが、
この辺りではまだまだ手作業で天日干しが主流のようです。

 

みんなで作業すると早いですね!
あっという間に一日分が刈り終わりました!!

 

作業終わり

 

みなさまお疲れさまでした!!

 
 

病み上がりのからだで臨んだ稲刈りでしたが、
終わるころにはからだもスッキリ!
土のもつ力、自然の力とはほんとうに偉大だなぁと
ただただ感謝です。

 

そして、苗を植え、収穫を迎え、
ほんの一部の体験ですが、生きる糧を自分で得るということは
自分自身が土とつながり、
ちゃんと立てているというはじめての感覚でした。

 

五十嵐さん、参加してくださったみなさま、
ありがとうございました!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みんな良い笑顔!!
 
 

農家サイトでは、このように小さなイベントを継続して企画し、
土に触れるきっかけづくりをしていきたいと思っています。

 

来週の9月29日(火)には「第2回・いじり隊」も開催されます!
まだまだ申し込みお受けできますので、
ピン!ときた方はご連絡くださいね。

 
 

マーマーな農家サイト
中村 泰子でした

LINEで送る

第2回いじり隊・募集☆9月29日(火)三鷹オーガニック農園さん

こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

kobayashi
 

 

「第2回・いじり隊」開催します!

 

前回のようすはこちら

 

 

○いじり隊とは…

 

土に触れたい人
農に興味があるけれど何からはじめていいかわからない人
からだを動かして気持ちいい汗を流したい人
ボランティアに興味がある人

 

そんな方々と一緒に、農家さんのお手伝いをする会です。

 

 

 

「第2回・いじり隊」
◎日時:9月29日(火曜日)10時〜17時半

 

◎時間:A:1日参加できる方(10〜17時半)
    B:午後だけ参加できる方(12〜14時の間にお越しください)

 

◎場所:三鷹オーガニック農園  
    〒181-0012
    東京都三鷹市上連雀9−18−12 トレーラーハウス内事務所
    くわしいアクセスはこちら

 

◎参加費:ドネーション制にしたいと思います
    ( ドネーションとは「寄付、寄贈」という意味です。
    マーマーな農家サイトは、みなさまにお寄せいただいたドネーションで運営して
    います。お気持ちに見合う金額をドネーションしていただければさいわいです) 
◎定員:10名程度 (定員になり次第〆切とさせていただきます)

 

◎服装や持ち物:動きやすい服装・帽子・長靴・汗をかいた時用に着替えのシャツ・軍手・タオル・飲み物・マグカップ(お茶を飲むためのもの)

 

◎申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでメールにてご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

件名:いじり隊9月29日参加希望  お名前(フルネームでお願いいたします)
本文:1、お名前 
2、ふりがな 
3、電話番号 
4、メールアドレス 
5、生年月日 
6、郵便番号 
7、ご住所 
8、交通手段 
9、参加希望時間(AorB、Bの場合は到着時間) 
10、ワークショップ希望有無 
11、ランチご希望メニュー(要予約) 
12、ご参加のきっかけなど、農家サイトへひとこと(何でも結構です)

 

 

≪当日のスケジュール≫

 

10〜12時 農作業

 

12〜15時 シエスタ
     ランチタイム(有料メニューは要予約)
     虫除けスプレーづくりワークショップ・お茶付き(要予約:材料費500円)
     農家サイトミニリアルショップ

 

15〜17時半 農作業
      片付け
      農主かねこさんのお話し

 

 

1日作業していただいた方には
かねこさんのまかないランチ(無料)がつきます!

 

今回のメューは「特製お芋ごろごろカレーうどん」の予定です!!

 

う〜ん、おいしそう!

 

まかないランチを、有料メニューに変更ご希望の方には
300円引きで対応してくださるそうです。
こちらも気になりますね〜。

 

 ●「紫蘇てんこ盛りコムタンメン」 500円
  農園に自生している紫蘇を好きなだけ収穫してもらい
  テールスープのコムタンらーめんにのせ食していただきます。
 ●「紫蘇てんこ盛り焼きそば」 500円
  農園に自生している紫蘇を好きなだけ収穫してもらい
  特別に調理した焼きそばにのせ食していただきます。
 ●「きつね釜あげうどん」 600円
  農園の採りたて野菜をのせて食す絶品の味。
 ●「農園特製冷麦」 500円
 ●「冷やし冷麺」 500円
  農園で採れたレタスを食材に。
 ●「農園カレー」 500円 

 

シエスタタイムには、アロマオイルを使った虫除けスプレーづくりを行います。
この時期、まだまだ蚊よけは必需品!

 

 

当日は草むしりが中心となる予定ですが
読者の方々とのふれ合いの場になれば、と思っております。
農のこと、食のこと、冷えとりのこと、
いろいろシェアしましょう!

 

今回もかねこさんのおもしろトークがたのしみでなりません!

 

どうぞお気軽に参加ください。
みなさまのご参加をお待ちしております♪

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした♪

LINEで送る

山崎観光農園さん(栃木県)・稲刈りイベント9月26日(土)

金木犀がわたしの鼻をくすぐりだしました。

 

こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

kobayashi
 

 

金木犀大好きです。
庭があったら植えたい木のリストにも入っています。(笑)
空気中の何パーセントくらい含んでいるんだろうって思うほど
甘い香りが街中にあふれています。

 

 

 

さて!
いよいよ収穫の秋ですね〜〜!

 

春にどろんこになりながら田植えをした
益子の山崎観光農園さんで稲刈りが行われます。
(田植えブログはこちら

 

わたしの楽しみは…お釜で炊いた
ほっかほかごはん!(う〜んやっぱり食いしん坊)

 

稲刈りも初体験なのでドキドキわくわくです。

 

益子では「土祭(ひじさい)」もはじまっています。 
町全体が会場で、毎日たくさんの催しものが展開されています。

 

26日のスケジュールはここで確認できます。

 

 

そして、26・27日はマーマーマガジンでおなじみの
ささたくやさんのTABI食堂がヒジノワさんにて開かれるとのこと。
山崎さんちのお野菜がどんなお料理に変身するか
興味津々です!!
こちらも時間があったらのぞいてみたいと思っています。

 

 

わたしは東京から電車で行きます。
おひとり参加の方、そうでない方も
もしよろしかったらご一緒しましょう〜。
申し込みメールにひとことお書きくださいね!
おってご連絡いたします。

 

ちなみに!
このようなフリー切符もあるようですよ。

 

 

◯日時:2015年9月26日(土)
    10〜14時

 

◯場所:山崎農園イベントスペース  (栃木県芳賀郡益子町益子461)
    益子駅から歩いて20分程です

 

◯集合時間:10時  終了時間:14時

 

◯定員:10名(定員になりしだい〆切とさせていただきます)

 

◯スケジュール:午前中稲刈り、ランチ、その後…天気が良ければ西明寺散策コースをまわりましょう!

 

◯服装や持ち物:動きやすい服装・帽子・長靴・汗をかいたときの着替えのシャツ・タオル・飲み物・軍手(あれば)

 

◯参加費:大人2000円 お子さん1人につき500円

 

◯ランチメニュー:羽釜だきの新米、オイルフォンデュ
         畑で子どもたちに摘んでもらった葉物の味噌汁、漬け物など

 

◯問い合わせ:山崎農園 山崎喜生さんまで 090-4664-6804

 

◯申込締切:9月24日(木)21時

 

◯申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

件名:9月26日稲刈り参加希望  お名前(フルネームでお願いいたします)
本文:
1、お名前 
2、ふりがな 
3、電話番号 
4、メールアドレス 
5、生年月日 
6、郵便番号 
7、ご住所 
8、交通手段/東京から電車でご同行希望 有・無
9、ささくんのTABI食堂へ行こうとお考えの方 行きたい・行かない
(こちら予約制ではありません。参考のためお伺いしています)

 

 

 

 

気持ちのよいこの季節。
五感をめいいっぱい使って
益子の風土を体感しに行きましょう!

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした♪

LINEで送る