カテゴリー:レポート紹介

大浜農園さん 農業体験レポート

みなさま、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
大阪府堺市在住の吉田純子です。
 
2月から、あたらしいボランティアスタッフとして
参加させていただいています。
 
このたび、マーマーな農家サイトでもご紹介している
西表島の大浜農園さんへ、1週間の農業体験に行ってきました!
 
この大浜農園、実は服部福太郎さん(エムエム・ブックス)も20年前の夏休みに
住み込みで はたらいていたことがあるそうです!
「ぼくにとっては大人になってからでも、
自分を形づくる原体験のひとつであったことは間違いない」
という福太郎さんのことばに背中をおされ、
いざ、西表島へ!!

 
*********
 
沖縄本島から南西へ約460kmに位置する西表島。
水が豊富な西表島では、昔から稲作が盛んで、
温暖な気候を利用してお米の二期作が行われています。
わたしがうかがった3月下旬には、
一期作目の田植えがすべて完了し、
田んぼでは太陽の光をたっぷり浴びて、
稲が元気よく育っていました。
 
写真①
 
無農薬の田んぼには、虫やカエル、野鳥など
いきものがたくさん集まります。
そんな中、目をひくのが
スクミリンゴガイ(通称ジャンボタニシ)という外来種の巻貝。
用水路や稲に卵を産みつけ、稲を食べて大繁殖をする
農家さんにとっては、やっかいないきものです。
 
大浜農園では、田んぼの水位をコントロールすることで、
ジャンボタニシの特徴を逆手にとり、
田んぼの除草に役立てておられます。
とはいえ、ジャンボタニシが増えすぎてしまって
稲が全滅してしまうことも。
 
そこで、網で1ぴき1ぴきすくったり、
稲箱やペットボトルなどで わなをつくったり、と
駆除するための薬剤を使わずに、いきものたちと共存する方法を
日々模索されています。
 
写真②
 
わたしもタニシすくいをお手伝いしました。
気温30度の炎天下、骨が折れる作業でした。
 
写真③
 
この日、はじめて試したわなが効果絶大で、
うれしそうな農園主の一将さん。
 
そのほかにも、畑の水やりやお野菜の収穫、
(大浜農園のお野菜は、なんと四期作!)
「月桃(ゲットウ)」の葉を採取し洗って切って乾燥させる作業、
(月桃茶になります!
ショウガ科の植物で、スパイシーでほんのりとした甘みが特徴♪)
お米の選別や袋詰め、
商品のラベルシール貼りなど、
いろいろな体験をさせていただきました。
 
写真④
 
写真⑤
 
写真⑥
 
農業体験では、朝・昼・夜の3食、
農園で採れたお米やお野菜などをふんだんに使った
おいしいお食事をいただくことができます。
 
この日の朝食は、黒紫米を混ぜて炊いたご飯
(もちもちした甘い食感。
アントシアニンやビタミン・ミネラルがたっぷり!)
パパパイヤとグリーンのサラダ、
イワシのから揚げ(目の前の海でとれたもの!)
目玉焼き(産みたて!)
イノシシそば、でした。
 
写真⑦
 
農業体験のあとは、大自然を満喫♪
カヌーでマングローブをめぐったり
シュノーケリングをしたり
沈む夕日を見てただただ黄昏たり
無人島でファイヤーを囲んで歌ったり
ホタルを見に出かけたり
寝転がって満点の星空を眺めたり……。
 
都会でのあわただしい生活から離れ、
ゆったりと流れる時間の中で
これからの生きかた・暮らしかたを
じっくり考えることができました。
 
写真⑧
 
写真⑨
 
先代の農園主 和重さんには、
農作業の仕方から、農園の歴史、西表島の魅力など
たくさんのことを教えていただきました。
 
写真⑩
 
この日は、和重さんのお誕生日でした。
いつまでもお元気でいてください☆
 
1週間という短い期間でしたが
農家さんのお仕事をお手伝いさせていただいて、
無農薬で育てることのすばらしさと大変さ、
商品としてわたしたちのもとに届くまでに
こんなに手間ひまがかかっているんだ!と
身にしみてわかりました。
 
そして、大浜農園ではたらく方々の
想いや願いにふれて、
無農薬栽培に取り組んでおられる農家さんを
これからも もっともっと応援したい!と
あらためて思いました。
 
一将さんが
「生産者も消費者も
みんなでつながれるような農業をめざしていきたい」と
熱く語っておられたことが とても印象に残っています。
 
このマーマーな農家サイトが
その一助となればいいな、と思います☆
 
お世話になった大浜農園のみなさま、
本当に本当にありがとうございました!
 
*********
 
今回ご紹介した大浜農園さんの詳細はこちら

HP : https://ohama-farm.net
Facebook : http://facebook.com/oohamanouen/
Instagram : http://www.instagram.com/ohama_farm/
 
マーマーな農家サイトでは、
農家さんでの みなさまの農業体験
おすすめの農家さん情報など、
絶賛大募集中です♪
http://murmur-farm.com/post.html
 
*********
 
農を通して みなさまが
まーるく つながっていきますように☆
 
マーマーな農家サイト
吉田純子でした!
 

LINEで送る

2021年よりあたらしいメンバーでスタートします!

みなさま こんにちは!
岩手県盛岡市在住のしもやまくみと申します。

 

 

昨年末の声のメルマガにて、
みれいさんが
「来年はマーマーな農業サイトに力を入れたい!」とお話しされたとき、
「わたしもお手伝いさせていただきたい!」
とこころの底から思い、
真っ先にボランティアスタッフに応募させていただきました。

 

(じつは2日間くらいメールをし忘れていたのですが、
2日間続けてみれいさんと福太郎さんの夢を見たのです!!)

 

これまで農業サイトに取り組んでくださった
前ボランティアスタッフのみなさんに教わりながら、
あたらしいボランティアスタッフ6名で
これから1年間一生懸命取り組ませていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2015年にマーマーな農業サイトが立ち上がった際、
わたしは推薦者として同じ県内の農家さんを2組ご紹介させていただきました。
岩手県花巻市東和町の「和み農園」さんと、
同じく岩手県遠野市の「風土農園」さんです。

 

 

 

わたしは盛岡でkasi-friendly(カシーフレンドリー)という
冷えとりのアイテムや自然素材のお洋服を扱うお店を営んでおり、
冷えとりを実践するにつれ、食との密接なつながりや
昔ながらの発酵文化の大切さを感じるようになり
お客さまと一緒に勉強しながら深めてまいりました。

 

 

そのご縁もあって現在に至るまで
この二組の農家さんとは一緒にいろいろな活動をしています。

 

「和み農園さん」とは2016年より、
お野菜の宅配の受け渡し場所として
わたしたちのお店を窓口に使っていただいています。
また宅配セットをご購入くださった方を募り、
子どもたちと一緒に
種まきと収穫の時期に援農にうかがいました。

 

 

岩手県 和み農園写真

 

和み農園:種芋を植えている様子

 

4月、種芋を植えている様子

 

和み農園の様子

 

和み農園:野菜の収穫のお手伝い

 

7月 春に植えた野菜の収穫のお手伝いの様子

 

 

和み農園:援農体験参加者

 

 

土に触れ、自分たちが種まきした野菜を収穫する喜び、
採れたての夏野菜のおひるごはんを
みんなでおいしくいただきました。
実り多き体験はこれからも続けていきたいです。

 

和み農園:援農体験での食卓

 

ちなみに和み農園の佐藤吉洋さんのパートナー千秋さんは生粋のマーマーガール!
「今週のメルマガ聞いた~?神回だったね~」と
いつも盛り上がっています(笑)。
声のメルマガを聴きながら農作業に精を出しているそうです。

 

 

「風土農園さん」とは、無農薬でつくった米麹やお味噌キットを
わたしたちのお店で販売させていただいています。

 

 

風土農園の麹

 

特に無農薬でつくられたお米で作られる麹は、
年々その美味しさが話題となり
毎年年末に予約を募るのですが、
県外の方からもお申し込みをいただくようになりました。

 

風土農園の伊勢崎克彦さんのパートナー真由美さんは、
東京のアパレルの世界でバリバリ働いていた女性。

 

風土農園のお二人

 

それがなぜか岩手の遠野に嫁ぐことになったのか!
真由美さんを遠野に引き寄せたご主人の並々ならぬ愛(地域愛)
自然と環境、循環のお話などなど
何度聞いてもおもしろくておもしろくて!

 

風土農園さんのお話

 

風土農園さんの活動の写真

 

風土農園さんが描く未来

 

 

 

風土農園さんの田植えお手伝い

 

田植えのお手伝いもさせていただきました。

 

 

 

 

 

これからわたしたちボランティアメンバーは、
マーマーな農業サイトを通じて
各地の農家さんたちが取り組んでいることを
みなさまに分かりやすくお伝えできるよう

 

まずは自分たちが楽しみながら
発信していきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

しもやまくみでした☆

LINEで送る

【レポート】種まきをしよう!

みなさま こんにちは。

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

 

みなさまいかがお過ごしですか。

 

おうちでお仕事されている方

いえいえ出勤してるのですの方

ひっそり家の中で過ごしてますの方

 

さまざまにお過ごしのことと思います。

 

いずれにしても、毎日胸えぐるようなニュースが飛び交っていて

なんだか不安、モヤモヤする、緊張がほぐれないなど

おつかれモードになっていませんか。

 

かく言うわたしも、すこし・・・いやだいぶ神経をつかっていたようで

肩や背中がカチンコチン、集中しずらく氣があがっているのを感じます。

 

 

こりゃいかん! ということで

やってみました!

 

種まき!!

 

うちにあった種から、選ばれしものはこちら!

 

IMG_7163

 

 

IMG_7164

 

左から、ガーリックチャイブ(ニラ)、ジェノヴェーゼバジル、リーフレタス。

 

直まき(直接畑やプランターにまくこと)にしようかと思いましが

種まき用ポットを前に買ってあったので使ってみましたYO

(卵のパックやペットボトルを切ってなんてのもグーですね!)

 

◯用意するもの
【土、種、種まき用ポット、お水、竹串、小さな器、発芽してきたら使うプランター】

 

IMG_7165

 

まず、ポットに土をまんべんなく入れて、たっぷりのお水をジョウロで注ぎます。

 

種を器に移します。風が強いので、飛ばないよう慎重に。

 

IMG_7166

 

竹串で真ん中に穴をつくります。2〜3センチくらい。

そこに、小さな種たちを

ふた粒から、み粒くらい入れました。

 

IMG_7175

 

そおして、土をこんな風にやさしくかぶせます。

 

IMG_7177

 

できましたっ♡

 

あとは発芽するまで、お水を毎日あげます。

 

 

だいたい15〜20度くらいになると発芽してきます。

 

種の袋にまき時のことも書いてあるので、参考になさってみてくださいね。

 

 

そうそう、マーマーなブックスアンドソックスでも春まきの種たちが揃っております!

 

赤花絹さやエンドウとかいいなあ

四葉キュウリなんて食べてみたい!

 

在来のお野菜はどれも力強く、エネルギー高くて

なによりおいしい!!

 

 

 

 

4月8日は満月ですね。

 

そう、種まきに最適のとき!(満月5日前からよいといいます)

 

月の引力や月光の関係で、根をしっかり張って安定させながら成長するのだそう。

 

昔の人はすごいですね。

長い経験から、月と植物の関係をたくさん発見していた。

 

この月の満ち欠けに合わせた農法が

学者ルドルフ・シュタイナーによって提唱された、バイオダイナミック農法で

オーガニック・ファーム「百姓農園」さんが実践なさっています。

 

百姓農園さんは、千葉県から愛知県へ移転されもっか準備中とのこと。

農家サイトスタッフやわたしもいただいていた

お野菜セットの販売も、6月再開を目指しておられるそうです。

 

あたらしい土地でのこと、またお話し伺ってみたいと思います。

 

 

 

さて!

 

長くなってしまいましたが

ぜひ、こんな時こそ

土に触れて育てることはじめてみたくださいね!

 

そして育ててみた感想や、ご報告などなど

お気軽にメールをお送りくださいませ。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした。

 

LINEで送る

<最終回>「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」第3回稲刈りの会 開催しました!!

みなさん、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフのなかむらです。

 

nakamura

 

 

この夏は台風に継ぐ、地震。
自然災害についてとても考えさせられました。

 

みなさまのご無事と平穏を
こころよりお祈り申し上げます。

 
 

さて、
そんな中ではありますが、

 

はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」!

 

第1回の種まき、第2回の田植えに続きまして、
第3回目は稲刈りの会を開催いたしました。

 

第1回のレポートはこちら
第2回のレポートはこちら

 

まさに自分の蒔いた種を刈り取る喜びッ!
参加者のみなさんにも感じていただけたと思います。

 

最終回のようす、レポートスタートします!!

 
 

*******

 
 

まずは稲刈りからお米になって食卓に届くまでの工程をレクチャー。
手作業、機械の違いなども。

 

何がいい、悪いではなく、自分の環境のなかで選択するということを教えていただきました。

 

今回は乾燥までを手作業でし、脱穀、籾摺りを機械にお願いします。

 

みなさん興味しんしん!

みなさん興味しんしん!

 
 

そして今回の目玉のひとつ!? 
と言ってもいいランチの時間です!!

 
 

今回は「サンイチゼロサンコロッケ」さんのコロッケプレートをいただきました。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

コロッケはもちろんながら、冬瓜とムング豆のスープも空心菜のつけあわせも
とってもおいしかったです!!

 
 
 

エネルギーをチャージしたら、
田んぼへGO!!!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

美しい!!!!

 
 

ふっさふさの黄金の稲が頭を垂れています!!

ふっさふさの黄金の稲が頭を垂れています!!

 
 

夏の厳しい猛暑にも台風にも負けずに、
たくさんの実をつけてくれています。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

五十嵐さんより稲刈りの仕方をレクチャーしていただいて、
さあ、私たちも鎌をもって田んぼに入ります!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ザックザックと小気味いい音が響きます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ザックザック

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ザックザック

 

時折、おしゃべりもやんで、稲を刈る音だけになり、
みなさんすごい集中力です。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ある程度刈ったら、次ははざ掛けしやすいように
麻ひもで結わいていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

乾燥するとやせるので、
抜けないようにぎゅっと縛ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一通り終えて、達成感と共にポーズ!

 
 
 

お次は稲を乾燥させるためのはぜをつくります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しっかりと倒れないように!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

結わいた稲をどんどんと掛けていきます

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いい風景!

 
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後に五十嵐夫妻を囲んではぜ掛けの前でパチリ

 
 

この直後にざざっと夕立がありました。
ギリギリセーフ!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

約半年間のみなさんの成果

 
 

*******

 
 

今回、初の試みで、
単発ではなく半年を通じて稲の成長を仲間と一緒に観察する、
「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」を開催させていただきました。

 

回を重ねるごとに、
チーム感がでて来たのもとってもよかったです。

 

参加してくださった生徒さんが
「ひと粒のお米も無駄にできなくなった」とおっしゃっていました。

 

どれだけの工程を経て、そのひと粒のお米がここにあるんだということを
知ると知る前では意識も変わりますよね。

 

ご指導くださった五十嵐ご夫妻、参加してくださったみなさん、サポートしてくださったみなさま、
どうもありがとうございました!!

 

来年も予定しておりますので、
詳細が決まりましたらこちらでお知らせいたしますね。

 
 

また五十嵐さんのところでも、
来年のクラスの募集がスタートしています。

 

まほう使いの田んぼクラス2019 in南房総

 

そして、岡山でもクラスがあります。
こちらはエムエムブックスの小屋の先生でもおなじみのカイルさんがナビゲートです!

 

2019年度耕さない田んぼの会 in 岡山

 
興味をもたれた方はこちらもチェックしてみてくださいね。

 
 
 

マーマーな農家サイト
なかむらでした

 

LINEで送る

「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」第2回田植えの会 開催しました!!

みなさん、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフのなかむらです。

 

nakamura

 

 

ゴールデンウィークが過ぎると、そこかしこで田植えの記事を目にします。
みなさんの地域はいかがでしょう?

 

先日、「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」でも第2回の田植えの会を開催いたしました。

 

ほとんどのかたが田植えははじめてという、正真正銘1年生!
さてさて田植えはどうなったでしょうか、レポートいたしますっ!!

 

*******

 

当日の天気はどんより雲でいまにも降り出しそう。
田植えは小雨でも決行なのですが、
なんとか午前中まではもってください!
……と天にお祈り。

 

わたしの祈りが届いたのか、時々晴れ間ものぞき、
午前中はなんとか大丈夫そう!

 

すくすくと育った苗

すくすくと育った苗

 

自分が種まきした苗の前でポーズ!

自分が種まきした苗の前でポーズ!

 

まず、五十嵐さんから苗の成長についてのレクチャーを受けます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

力強い苗!

力強い苗!

 

 

足元で試し植えを終えたら、いよいよ実践!

 
 

苗箱を持って田んぼに入ります。

苗箱を持って田んぼに入ります。

 

ガイドにそって植えていきます。

ガイドにそって植えていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

し・ん・け・ん!!!!!

 
 

みなさん黙々と植えていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

子どもたちもついに田んぼにIN!

子どもたちもついに田んぼにIN!

 

そうなるよね~~

そうなるよね~~

 
 

大人たちはただひたすら黙々と植えています。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 
 

雨が降らないうちに~~と進めていましたが、
そろそろランチタイム。

 

晴れていたら田んぼのあぜ道でお弁当の予定でしたが、
今日は屋根のある場所でいただきます。

 

この講座の目玉のひとつでもある(!?)お弁当。
本日は「Cafe&ガラス工房 海遊魚」さんのおむすび弁当です!

 

きれいな三角おむすび!色とりどりのお野菜もおいしくいただきました。

きれいな三角おむすび!
色とりどりのお野菜もおいしくいただきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

生徒さんから手づくりケーキの差し入れも!

生徒さんから手づくりケーキの差し入れも!

 
 
 

おなかもいっぱいになり、一息ついて、
まだまだ天気も大丈夫そう。

 

午後からももうひと作業。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

……とおもっていましたが、
1時間もたたないうちにポツポツ雨が。

 

またたく間にザーザー雨になってきたので、
これにて終了!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでもほぼ1枚の田植えを終えることができました!

 

パチパチパチ!

 
 

******

 
 

最後は雨の中での田植えとなりましたが、
みなさんとってもいいお顔で

 

「たのしかった!」

 

「つかれを感じなかった」

 

とも!

 

田んぼの癒しパワーすごい!!

 
 
 

次回はいよいよ、蒔いた種を刈り取る、
稲刈りです!

 
 

その前に、夏の間の田んぼ、生き物の様子を観察する会も予定しています。
こちらも詳細が決まりましたらお知らせいたしますね。

 
 

今回も参加してくださったみなさま、
講師の五十嵐さんご夫妻、
お手伝いくださった五十嵐さんの生徒さん、
どうもありがとうございました!!!

 
 
 

講師の五十嵐さんの教室では、
ただいま【耕さない田んぼマスターコース2期生】を募集中です!
お米づくりにがっつり関わりたい方、見学会もありますので
詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 
 

そして、五十嵐さんについて、耕さない田んぼについて興味をもたれたかた!
今月の声のメルマガのゲストにも登場しちゃっています!
トピックスはこちらからご覧いただけますので、
よかったらチェックしてみてくださいね。

 
 

マーマーな農家サイト
なかむらでした

 
 

LINEで送る