<最終回>「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」第3回稲刈りの会 開催しました!!

みなさん、こんにちは!
マーマーな農家サイト ボランティアスタッフのなかむらです。

 

nakamura

 

 

この夏は台風に継ぐ、地震。
自然災害についてとても考えさせられました。

 

みなさまのご無事と平穏を
こころよりお祈り申し上げます。

 
 

さて、
そんな中ではありますが、

 

はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」!

 

第1回の種まき、第2回の田植えに続きまして、
第3回目は稲刈りの会を開催いたしました。

 

第1回のレポートはこちら
第2回のレポートはこちら

 

まさに自分の蒔いた種を刈り取る喜びッ!
参加者のみなさんにも感じていただけたと思います。

 

最終回のようす、レポートスタートします!!

 
 

*******

 
 

まずは稲刈りからお米になって食卓に届くまでの工程をレクチャー。
手作業、機械の違いなども。

 

何がいい、悪いではなく、自分の環境のなかで選択するということを教えていただきました。

 

今回は乾燥までを手作業でし、脱穀、籾摺りを機械にお願いします。

 

みなさん興味しんしん!

みなさん興味しんしん!

 
 

そして今回の目玉のひとつ!? 
と言ってもいいランチの時間です!!

 
 

今回は「サンイチゼロサンコロッケ」さんのコロッケプレートをいただきました。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

コロッケはもちろんながら、冬瓜とムング豆のスープも空心菜のつけあわせも
とってもおいしかったです!!

 
 
 

エネルギーをチャージしたら、
田んぼへGO!!!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

美しい!!!!

 
 

ふっさふさの黄金の稲が頭を垂れています!!

ふっさふさの黄金の稲が頭を垂れています!!

 
 

夏の厳しい猛暑にも台風にも負けずに、
たくさんの実をつけてくれています。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

五十嵐さんより稲刈りの仕方をレクチャーしていただいて、
さあ、私たちも鎌をもって田んぼに入ります!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ザックザックと小気味いい音が響きます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ザックザック

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ザックザック

 

時折、おしゃべりもやんで、稲を刈る音だけになり、
みなさんすごい集中力です。

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ある程度刈ったら、次ははざ掛けしやすいように
麻ひもで結わいていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

乾燥するとやせるので、
抜けないようにぎゅっと縛ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一通り終えて、達成感と共にポーズ!

 
 
 

お次は稲を乾燥させるためのはぜをつくります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しっかりと倒れないように!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

結わいた稲をどんどんと掛けていきます

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いい風景!

 
 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後に五十嵐夫妻を囲んではぜ掛けの前でパチリ

 
 

この直後にざざっと夕立がありました。
ギリギリセーフ!

 
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

約半年間のみなさんの成果

 
 

*******

 
 

今回、初の試みで、
単発ではなく半年を通じて稲の成長を仲間と一緒に観察する、
「はじめてみよう! 耕さない田んぼでお米づくり1年生」を開催させていただきました。

 

回を重ねるごとに、
チーム感がでて来たのもとってもよかったです。

 

参加してくださった生徒さんが
「ひと粒のお米も無駄にできなくなった」とおっしゃっていました。

 

どれだけの工程を経て、そのひと粒のお米がここにあるんだということを
知ると知る前では意識も変わりますよね。

 

ご指導くださった五十嵐ご夫妻、参加してくださったみなさん、サポートしてくださったみなさま、
どうもありがとうございました!!

 

来年も予定しておりますので、
詳細が決まりましたらこちらでお知らせいたしますね。

 
 

また五十嵐さんのところでも、
来年のクラスの募集がスタートしています。

 

まほう使いの田んぼクラス2019 in南房総

 

そして、岡山でもクラスがあります。
こちらはエムエムブックスの小屋の先生でもおなじみのカイルさんがナビゲートです!

 

2019年度耕さない田んぼの会 in 岡山

 
興味をもたれた方はこちらもチェックしてみてくださいね。

 
 
 

マーマーな農家サイト
なかむらでした

 

LINEで送る

高橋博の「自然がなんでも教えてくれる」| 第12話 突いてばかりいるだけじゃなく、引いてみる

高橋博さん

『マーマーマガジン』20号の農特集でお届けした、自然栽培を続ける、高橋博さんのお話。21号からはじまった連載を、マーマーな農家サイトに場所を移して続けていきます。高橋さんの語り口調そのままにお届けします。
構成=服部みれい/再構成=松浦綾子

第12話 突いてばかりいるだけじゃなく、引いてみる

農業も、あるときを境に、一気に変わらないといけない。そんな転換点がいつかくるかと思うよ。世の中が太陰暦から太陽暦に変わったように、ガラッと変わるんじゃないかってね。あれも本当は一気にではなく、徐々に変わっていったんだけどね。
心理学的な勉強をしたときに、突引き(つきひき)っていう言葉を知ったんだ。今まではたいてい「突きっこ」なんだよ。上の人が下の人に付いて(突いて)あげている。先生も生徒の数に対して少ないでしょう。
昔は太陰暦で月(突)の時代だったけれど、太陽暦になってからは、陽(引き)の時代だろ? なのに、その変化に対応できずに昔のやり方でやっているから、うまくいかないんだよ。突いてばかりいるだけじゃなく、引いてみると、意外とうまくいくんだ。そういう時代にはいっているんだから、そうすべきなんだ。

いつも突いているやつが引いてみな。あまり引かれると、突かれているほうも、「ちょっと待って」となってしまうから(笑)。世の中はそういう時代になっているんだからね。そういう「突引き」の考え方は、いろいろな世界で使えるよね。わたしはそれを農業に活かしただけで、そのほかの分野……、たとえばお医者さんの分野でも、政治の世界でも、学校でもつかえると思うよ。

わたしがたまたま小学校のPTA会長をやることになったときに、「PTAってなにをやってんだろう」と思ったわけだよ。「かあちゃんたちは先生を超える集まりか?」なんてふうにね。それで自然農法の原理原則でこのあり方を少し変えてみたら、うまくいった。自然農法の原理原則は、人間関係や組織にも使えるんだよね。だから河名(秀郎 ナチュラル・ハーモニー創業者)さんは、それをナチュラル・ハーモニーの経営に活かしているわけだ。

世の中のひとはみんな、人との付き合い方、教え方でひっかかっているよね。いまも元研修生が研修生を預かっているんだけど、「高橋さん、参っちゃうよ〜」っていってくるわけ。だから、「お前、なに勉強したの?」って。「あなたはいつでもなんとかしたい、なんとかしたい、って自分でやっていっちゃうタイプだろ? それじゃ相手が引くよ。今度はしばらく言葉をかけなかったらどう?」って。それで向こうから「なんとかしてください」って来たときがチャンスだ。そうしたら、今度は聞いてもらえる。相手も聞く体勢になっているからね。

だけど、それはいくら勉強していても、いざ現場にはいってみると使えなかったりするんだよね。それはすごくわかる。新規就農でやってきた子がいるんだけど、その子は悩むと青白い顔してうちにくるわけだ。「今年の作物はオバケみたいになってしまって……」って。だからやっぱりそこでも、毒抜きの重要性を説くわけだ。30何年間、同じようなことを続けているよ。

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。
http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

LINEで送る

【8月18日(土)】いじり隊募集!! 三鷹オーガニック農園さん 

 

あっ!!!!!

 

 IMG_9245

 

みなさま こんにちは!

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

 

ベランダのゴーヤ、今年はあんまり実がならない。

 

と、うっかりしていたら、おしりが色づいちゃった。

 

さっそく包丁を入れると、種も真っ赤でトロトロゼリーを纏ってる。
(写真忘れてしまった・・・)

 

そのゼリー部分、メロンみたいな味がしておいしいんですよ〜。

 

 

肝心の実の方は、これまたベランダの紫蘇でつくった
紫蘇ジェノベーゼで炒めてみました。

 

IMG_3422

 

美味っ!

 

熟して甘みが出たゴーヤもイケます!
フルーティなゴーヤとジェノベーゼの相性なかなかよし。

 

 

みなさま、うっかり黄色くしちゃったりしても、食べられます!
苦くて苦手なのという方も、完熟ゴーヤおすすめです。

 

 

 

 

 

 

さて!

 

いじり隊、募集開始です!

 

 

 

 

 

○いじり隊とは…

 

土に触れたい人
農に興味があるけれど何からはじめていいかわからない人
からだを動かして気持ちいい汗を流したい人
ボランティアに興味がある人

 

そんな方々と一緒に、農家さんのお手伝いをする会です。

 

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

⭐︎「第52回 いじり隊」⭐︎

 

◎日時:8月18日(土曜日)10:00~17:00 

 

◎時間:

A:1日参加できる方(10時~17時)
B:午後だけ参加できる方(12~14時の間にお越しください)

 

◎場所:三鷹オーガニック農園

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀9-18-12 トレーラーハウス内事務所
くわしいアクセスはこちら

【いじり隊参加希望の方へ】三鷹オーガニック農園への行き方

 

◎参加費:ドネーション

ドネーションとは「寄付、寄贈」という意味です。マーマーな農家サイトは、みなさまにいただいたドネーションで運営しています。お気持ちに見合う金額をドネーションしていただければさいわいです)

◎定員:10名程度 (定員になり次第〆切とさせていただきます)
◎服装や持ち物:動きやすい服装・帽子・長靴・軍手・タオル・飲み物・マグカップ(お茶を飲むためのもの)・虫よけ

◎申込方法:下記要項を記載のうえ、こちらまでメールにてご連絡ください。(メールで返信いたします)

 

 

件名:いじり隊 8月18日 参加希望  お名前(フルネームでお願いいたします)

本文:

1、お名前
2、ふりがな
3、電話番号
4、メールアドレス
5、生年月日
6、郵便番号
7、ご住所
8、交通手段
9、参加希望時間(AorB、Bの場合は到着時間)
10、ワークショップ希望有無(呼吸)
11、ランチご希望メニュー(要予約)
12、ご参加のきっかけなど、農家サイトへひとこと(何でも結構です)

 

 

 

≪当日のスケジュール≫

 

10時~12時頃 農作業

 

12~15時頃 シエスタ
ランチタイム
呼吸教室(要予約:参加費1,000円)
農家サイトミニリアルショップ

 

15~17時頃 農作業
片付け
農主かねこさんのお話

 

 

 

 

 

 

1日作業していただいた方には

かねこシェフのまかないランチ(無料)がつきます!

 

他にも、農園レストランでは…
夏の人気メニューも登場!

 

農園特製和風つけ麺 540円
農園特製冷麺 540円 

 

まかないランチを、有料メニューに変更ご希望の方には
300円引きで対応してくださるそうです!

 

 

 

シエスタタイムには、
スタッフ小林の「呼吸教室」を行います。

 

マーマーガールにはおなじみの加藤メソッド。
土の上で行う呼吸は、格別です。
自然、宇宙のエネルギーをダイレクトに感じ
こころのブロックも外しやすくなります。
すべてを吐き出して、解放し、
土パワーで元気になりましょう。

 

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

 

また、ご好評いただいておりますミニリアルショップも開催!
人気農家さんのお品ものが並びます!

 

IMG_7714

 

 

 

はじめての方も、リピーターの方も
みなさまのご参加を、こころよりお待ちしております♪

 

 

マーマーな農家サイト
小林加代でした!

LINEで送る

【急募】横浜市・えんちゃん農場 夏の畑作業サポーター大募集!!

みなさま こんにちは!

 

kobayashi

 

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ
小林加代です。

 

 

本日は、神奈川県で横浜身土不二にこだわって農を営んでおられる
えんちゃん農場」さんから

 

みなさんのお力をお借りしたい! と畑のお手伝い募集のお知らせです。

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

 

えんちゃん農場のおくさま・そしてマーマーガールでもある
まきこさんからのコメントをいただきました。

 

 

「諸事情により、来年3月末までに
今の畑から新しい畑(同じ地区内)に移転することになり
今年は現・畑と新・畑の両方をみなければならなくなりました。
以前よりお手伝いの方は増えているのですが、恥ずかしながらいろいろと手がまわっていない状態です。
わたし自身もまだ書店勤めのため、畑には月に2、3回ほどしか行けていません。

 

さらに今年の異常な猛暑と強風により、一日の作業時間がかなり限られてしまい
草取りはじめいろいろな作業が滞ってしまっています。

 

かといって、除草剤等の薬品は使いたくない!!

 

そこで下記の時間帯内で草刈りをはじめとした畑作業をお手伝いいただける方
是非ともご協力お願いいたします!!

 

暑いので1~2時間の短時間でも構いません。
農作業は初めて!という方も大歓迎です☆
お気軽にご連絡くださいませ」

 

 

 

■主な作業:草取り(種まき、苗植えなど別の作業をお願いする場合あり)

 

■作業時間 下記の時間帯内(1~2時間でもOK)
 7:00~11:00
15:30~19:00
(12:00~15:30は高温のため作業中止)

 

■服装・持ち物
・汚れてもいい服・靴
(長袖または腕抜き着用。半袖やノースリーブのままだと火傷します。
畑でついた泥などは落ちにくいので、本当に汚れてもいいものを。)
・帽子(できれば農作業用のつばが広く、首元を覆えるもの)
・飲み物(スポーツドリンクなど熱中症対策になるもの)
・タオル、手ぬぐい(複数必要)
・手袋(軍手よりも、手のひら側がゴムコーティングされている薄い生地のものが使いやすい)
・野菜持ち帰り用の袋(お礼にお野菜をお持ち帰りいただきます)
※作業で使う鎌、はさみなどはこちらでご用意します。
 マイ農具がある方は持参OK

 

■畑の場所
横浜市旭区下川井(二か所に分かれていますが、どちらも同じエリア内)
 →「(株)タカスズ 本社」を検索して下さい。
 そのタカスズさんの真向かいが畑(の一部)です。

 

横浜駅からの経路(約40分)
相鉄線横浜駅→三ツ境駅下車→バス乗り場2(相鉄バス旭32~34)どれでも
 →「旭高校入り口」下車 →徒歩10~15分
 ※バス停からの詳しい道順は別途ご連絡致します(ほぼ一本道)。
 ※お車で来られる方はその旨ご連絡下さい(駐車スペースあります)。

 

■ご連絡先
まずはこちらまで連絡ください。
えんちゃん農場 長岡真季子

 

当日緊急のご連絡は
090-3420-2096(農場主のえんちゃんこと長岡親一郎)

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

 

見学がてら、気軽な気持ちで来てくださるだけで、ありがたいとのこと!

 

ぜひ、足をお運びいただければと思います。

 

みなさまご協力のほど、どうぞどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

マーマーな農家サイト
小林でした。

 

LINEで送る

高橋博の「自然がなんでも教えてくれる」| 第11話 破壊のあとには必ず建設が待っている

高橋博さん

『マーマーマガジン』20号の農特集でお届けした、自然栽培を続ける、高橋博さんのお話。21号からはじまった連載を、マーマーな農家サイトに場所を移して続けていきます。高橋さんの語り口調そのままにお届けします。
構成=服部みれい/再構成=松浦綾子

第11話 破壊のあとには必ず建設が待っている

人間の不安って、3つしかないんだよ。まず、病気の不安。それから、お金の不安。そして、争いの不安。この3つに絞られるんだ。
いろいろな人から相談を受けるんだけど、大抵ここに収束するんだ。そして、この3つがそれぞれ「掛ける2」になってる。たとえば病気だったら、身体の病気と精神的な病気。お金だったら、本当にお金がないのと、こころの貧乏。争いは、本当の争いと、こころの争い。不安っていうのは、この6パターンでできていると思うんだよね。それがなくなったら本当にいいなぁ、と思う。わたしたちにもこういった不安はやって来るんだけど、それを不安として受け止めていないから、大丈夫でいられる。わたしたちが6か月間の塾でやっていることも、そういったことなんだよ。

セミナーでは、一番最初に「破壊と建設の法則」について教えるんだ。これはいろいろなときに使えるからね。破壊だけだと、なにか人生って不安じゃない? だけど、“破壊ごと”はいっぱいあるわな。その破壊だけ見ているといやになっちゃう。でも、破壊のあとには必ず建設が待っている。その原理を知ると、不安なく生きられるんだよ。
土についてもそう。自ら肥毒を破壊しないと生産できない。自然農法も過去の清算をしなくちゃいけない。じゃないと自然農法が成り立たないからね。この清算こそが、破壊。だから、建設をしたかったら、破壊しなくちゃならない。
人間も同じだよ。人間を建設させるには、過去をとってやらないといけない。その過去を捨てられるか捨てられないかだよね。見栄とか、我とか、執着がとれたときは楽なんだ。あれは仏教の世界と同じだね。修行ってそんなことするようだもんね。夫婦間で争いが起こったとしても、この破壊だけだとまずいと思うけれども、必ずその後には建設が生まれているんだ。もう同時に準備されているんだ。

研修生の卒業式のときにも「世の中にでていろいろな困難にぶつかるだろうけど、これを知っていると強いよ」っていってやったよ。破壊みたいなことが起こっても、そのあとには必ず建設があるから、乗り越えていけるよな、って。「そのとおりでした」って年賀状に書いて送ってきてくれた卒業生もいたんだ。
人間世界を超えて自然の世界に到達するには、ちょっと苦しまないとしょうがないよ。しかしこの世界を知ってしまったら、ついもう一歩、もう一歩と超えてみたくなっちゃうんだよ。それがいまのわたしの状態だな。

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。
http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

LINEで送る